バックナンバー

2018年8月1日放送

世界に広がるニッポンのパン!

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

世界に広がるニッポンのパン!

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

今や世界に11万8000店あるといわれる"日本食"の店。
すし、天ぷらはもちろんラーメンに餃子など、多くの日本食が世界で人気となっている。
そんな日本食を、"日本が世界に広げていく"のはわかるが、今ちょっと意外なものまで
日本が世界に広げていっているのだ。それは・・・・パン。
欧米のパンに比べて、柔らかくて、甘い日本のパンが、アジアを中心に大ブーム。
コメばかり食べていた国の"食"、そしてライフスタイルを、日本のパンが大きく変えようとしていた。

  • 日本式のパンを売る インドネシアのパン屋 日本式のパンを売る インドネシアのパン屋
  • パンを食べる女子高生 パンを食べる女子高生
  • 焼き立てのみを提供する 韓国の食パン専門店 焼き立てのみを提供する 韓国の食パン専門店
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

アジアのコメ消費大国で日本のパンが大人気! 

世界3位のコメ消費国インドネシア。1日一人おにぎり8個食べるというほど、コメが大好きな国で、いま日本のパンが人気になっている。
日本から進出するパン屋が続出、地元資本の店も店頭に日本語で“パン”と掲げるほど。
パン=日本のものが、インドネシアの人たちの常識になっていた。
というのも、炊く必要がなく、手軽で持ち運びができるパンが流行るのは、時代の流れ。インドネシアのライフスタイルをも変えつつある、パン人気の裏側に迫る。

パンを食べる女子高生 パンを食べる女子高生

アジアで一番パンが沸騰している国 韓国の裏にも日本が!

数年前から大ブームとなりパン屋が乱立、特徴を打ち出したパン屋だけが生き残るほど競争が激化している韓国。人気のパン屋の前には整理券が配られ、焼き立てを売りにするために、1時間ごとにパンを焼き並べ替える店も登場。
そんな韓国のパンブームを支えるのが、日本の技術だった。
日本で修業し、店を出す人が多いというのだ。なぜここでも、日本なのか?

焼き立てのみを提供する 韓国の食パン専門店 焼き立てのみを提供する 韓国の食パン専門店

日本のパン&ケーキロボットがおいしさを作る!

おいしいパンを作るのには、“職人の腕”が必要と思ったら、最近はそうでもないよう。
もちろん腕も必要なのだが、最近ではパンを作る機械の能力が飛躍的に向上し、職人の腕とともに大事な要素となっているのだという。
韓国のパン屋では、パンとともにケーキをおく店が大半。
韓国の人気店が、「これさえあれば大丈夫」という、日本の機械メーカーがあった。
今や韓国のみならず、世界の多くの国が、このメーカーの機械を導入し始めているという。その日本企業を訪ねると、元々は、機械メーカーだったのではなく、なんとせんべい屋だったというのだ。

日本の人気機械メーカーを取材する ナビゲーターの鎌田 日本の人気機械メーカーを取材する ナビゲーターの鎌田

NAVIGATOR

鎌田靖

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

鎌田靖の編集後記

その14. 世界に広がるニッポンのパン

鎌田靖  個人的なことなんですが、私の自宅は神戸にあります。その神戸はパンが美味しい街。自宅近くの「フロイン堂」というパン屋さんにはよく行きました。今も焼きたてのパンの香ばしい香りが漂ってきそう。六甲山に向かう坂道の途中にある「トミーズ」という小さなパン屋さんにも妻の運転で通いました(私は車の運転ができないもので)。ここはアンコを練りこんだ食パンが美味しいのですが、知らない間に全国的に有名になったそうですね。神戸のパンが美味しい理由。それは古くから港町として栄え外国文化を吸収してきた蓄積があったから。
 神戸自慢はこれくらいにします。神戸だけじゃなく今や日本全国どこに行っても美味しいパンが見つかります。その日本のパンがアジアを席捲しようとしているというのが、今回のテーマです。コメ文化であるはずの日本で進化したパンがインドネシアや韓国で注目されているのです。詳しくは番組で。
 今回私が取材したのは食品ロボットの大規模な展示会。そこで出会ったのが福岡に本社がある「七洋製作所」というメーカーのどでかいオーブン。長さ12メートルほどもあるパン焼き器で、この中をゆっくりとパン種が移動するうちにおいしいパンが出来上がるのです。多くの有名パティシエがこのオーブンを利用しているといいます。
 パンのおいしさは熟練のワザを持つパン職人の腕にかかっている、とこれまで思っていたのですが、どうもそれだけじゃなくオーブンの性能にもよるようです。「七洋」のオーブンで焼いたバームクーヘンを試食させてもらいましたが、柔らかすぎず、固すぎず。しっとりとした食感はこれまでにない美味しさでした。


バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。