カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

10001054

テレビ東京系にて放送中

2008121日放送

「デパ地下のサラダ王が語る
 ~こだわり抜いて客を呼べ!」

シェアする

ロック・フィールド 社長
岩田 弘三(いわた・こうぞう)

日本全国ありとあらゆるデパ地下に進出しているサラダを中心とした「RF1」、コロッケをブランド化して大成功した「神戸コロッケ」など、人気惣菜店を全国330箇所で展開するロック・フィールド社、売り上げは450億円にも上る。創業者の岩田弘三氏(67)は、一代でこの「デパ地下の王者」を築きあげた。
「RF1」が目指すのは、「主婦が買って帰っても後ろめたくない惣菜」。数あるサラダの中で人気なのは野菜やナッツなど30数種類が入った「30品目のサラダ」。家庭では作れないサラダだ。ロック・フィールドはその野菜にこだわり、日本全国の有機栽培農家と契約するだけでなく、サラダに合ったオリジナルの野菜を開発したりもする。さらに店頭では、サラダが美しく見えるよう、盛り方にも「ロック・フィールド流」があるという。
外食産業からの新規参入も増え、デパ地下の競争は激化している。その中で岩田氏が成功を続ける秘密は何か?岩田が常々口にする言葉「非常識な発想で、常に変化し続ける企画開発集団」。「多数派ではなく、少数派に成功する理由がある」...これらの言葉の真意は...!?

社長の金言

常に半歩先 地上に出る寸前のタケノコがおいしい

「単品ド迫力」の商品で利益を上げろ

成功するには 常に現状を否定せよ

RYU'S EYE

RYU’S EYE

座右の銘

座右の銘

読んで分かる「カンブリア宮殿」コラム

JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

ページトップへ