カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

10001054

テレビ東京系にて放送中

200847日放送

「強いリーダーとは?
"カミナリ親父"星野仙一が吠える!」

シェアする

野球日本代表 監督
星野 仙一(ほしの・せんいち)

「燃える男」星野仙一。
現役時代はピッチャーとして、闘志をむき出しにバッターに向かっていた。
特に巨人戦には強く、長嶋・王を擁する時代に「巨人キラー」として名を上げた。

中日の監督に就任しても「燃える男」は健在だった。
選手を育てるため、チームを強くするためなら、時には鉄拳制裁も辞さない熱血指導で中日を2度のリーグ優勝に導いた。

一方、企業では過保護に育てられ自立心の乏しい社員、いわゆる「シュガー社員」が最近増え、それに伴い、どうやって部下を叱れば良いのか悩んでいる企業の管理職が増えているという。
自他共に認める「カミナリ親父」である星野仙一が考える、部下の心をつかむ叱り方・褒め方とは?

また、「弱小球団」の代名詞だった阪神タイガースの監督に就任し、18年ぶりの優勝に導き、「常勝軍団」にまで育て上げた、その手法はどのようなものなのか。

「最強のチーム」である野球日本代表監督の星野氏をゲストに招き、強い組織の作り方、部下の叱り方・能力の引き出し方、そしてリーダーの果たすべき役割について話を伺う。

さらに見事予選を勝ち抜き決まった北京オリンピックへの意気込みやこれからの日本野球界の在り方についての想いを聞く。

社長の金言

「なんとかせい」で選手に考えさせた

育てた選手で勝つのが監督の醍醐味

リーダーは責任を取る覚悟が必要

年上は甘え言葉で叱れ

RYU'S EYE

RYU’S EYE

座右の銘

座右の銘

読んで分かる「カンブリア宮殿」コラム

JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

ページトップへ