カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

10001054

テレビ東京系にて放送中

2008512日放送

「崩壊する"救急医療"
~カリスマ病院が語る救急医療改革~」

シェアする

聖隷浜松病院 院長
堺 常雄(さかい・つねお)

患者の病院たらい回しが頻発するニッポンの救急医療・・・。救急医療の現場では、一体何が起こっているのか?そんな中、民間として万全の救急医療体制を敷く病院がある。静岡の聖隷浜松病院だ。
他の病院が医師不足に悩む中、聖隷浜松には産婦人科医や小児科医も含め多くの医師たちが集まる。そんな聖隷浜松が取り組んだのが救急医療の充実だった。
掲げたのは医療の効率化。検査説明を看護師が代行したり、症状に応じた手術セットを事前に準備しておくことで、医師の診療回数を飛躍的に増やす。そこで得た利益を救急医療の人件費や最新設備などに投資していくシステムだ。また現場では、救急専門のスタッフが陣頭指揮を執り、患者の症状に応じて、治療の優先順位を決めていく。果たして、聖隷浜松のケースは、他の病院でも適用できるのか?
番組では、緊急医療の現場に密着取材し、勤務医の過酷な労働条件を紹介するとともに、最近急増している救急車をタクシー代わりに呼びつける悪質な119番の例も紹介。
医療費増大を防ぐために国が掲げる政策と緊急医療が抱える相反する問題点を、堺氏とともに検証していく。

社長の金言

激務をこなす医師をもっと評価して欲しい

理念を曲げるなら病院をやめた方がいい

RYU'S EYE

RYU’S EYE

座右の銘

座右の銘

読んで分かる「カンブリア宮殿」コラム

JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

ページトップへ