カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

10001054

テレビ東京系にて放送中

20081229日放送

「地域密着で大都市のビッククラブに立ち向かえ!
~キャリア官僚を捨てた名物社長の挑戦~」

シェアする

大分フットボールクラブ 社長
溝畑 宏(みぞはた・ひろし)

今年ナビスコカップで優勝し、リーグ戦でも4位に入るなど、快進撃を見せた大分トリニータ。
今や強豪チームの一員となったクラブだが、発足当時は専用グラウンドもなく
初戦の応援サポーターはわずかに3人だった。
発足当時よりクラブの運営の中枢を担ってきた溝畑は 2004年、大分フットボールクラブの
社長に就任。その2年後、総務省を退職し、退路を断った。

チームはJリーグの強豪へと成長したが、営業収入はいまだ18クラブ中15位と苦戦が続く。
その原因は、他のビッグクラブとは違い親会社を持たない為、スポンサー収入が少ないこと。
今、大分トリニータに課せられているのはチケット販売の拡大とスポンサーの獲得だ。

地域に密着したスポーツビジネスの極意を社長の溝畑氏に聞く。

社長の金言

最初から役所で「浮く」ことを狙っていた

0と0.01では天と地

逆境さん いらっしゃい

RYU'S EYE

RYU’S EYE

座右の銘

座右の銘

ゲストプロフィール

溝畑 宏

  • 生年月日:1960年
    出身地 :京都府
    経歴
  • 1985年東京大学法学部卒業。自治省入省。
  • 1990年大分県庁に出向。一度本省に戻った後再び大分県へ。
  • 1994年(株)大分フットボールクラブ発足時よりクラブ運営に携わる。
  • 2000年(株)大分フットボールクラブ取締役就任。
  • 2004年同 代表取締役社長就任。
  • 2006年総務省を退職。

読んで分かる「カンブリア宮殿」コラム

JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

ページトップへ