日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週金曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2011111 放送 第490

シリーズ 日本の食は大丈夫か?(2) 野菜をどう選べばいいのか?~見直され始めた八百屋の存在~

番組が独自に行なった主婦1000人へのアンケート調査によると、半数近くの人が 「福島産の野菜」というだけで購入していないということが分かった。 しかし、その一方で、野菜の生産地を全く気にしていないという人も40%もいた。 それぞれの理由を具体的に見ていくと、主婦たちの意外な本音が見えて来た...。 国産の野菜は安全...という神話が崩れかけている今、私たちは野菜をどう選べばいいのだろうか? 番組では、お客から絶大な信頼を得ている、野菜のカリスマに密着。不安が広がる中、野菜をどう選べばいいのか、その極意を見ていく。 また、普段あまり見ることのできない東京の巨大市場の裏側にもカメラが入った。 一方、スーパーや小売店が減少している町で、買い物難民を助けようと奮闘する八百屋もあった。野菜をめぐる様々な真実を追う。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

野菜のカリスマが教える「野菜の選び方」

東京・北千住にある杉本青果店。かつて商店街に8店あった八百屋も、今ではこのお店だけになったという。スーパーとの価格競争に敗れていったのだ。では、なぜこの店は生き残ったのか?杉本青果店のご主人は言う。「品物に惚れてるから、客は他の店に行かない」そんな杉本さんの品揃えの秘密とは?また、消費者の不安が広がる中、福島産の野菜も売り切るその極意とは?
野菜のカリスマに密着し、奥深い野菜の真実を見ていく。

放射能で揺れる...東京の淀橋市場

東京北新宿にある淀橋市場。東京の市場では取扱高第3位。
日本全国の産地から、大量の農産物が日々送られてきている。
そんな淀橋市場では7月、大量に「福島産の桃」の在庫が積み上げられていた。産地から送られてきても、八百屋やスーパーがあまり仕入れてくれないのだ。そこで市場の主要メンバーで、「福島産の桃」をどうするか、会議がもたれた。
「産地を聞いただけでお客は購入しない」という八百屋の意見がある中、市場としてどんな決断を下すのか?揺れる巨大市場の裏側を浮き彫りにする。

「買い物難民を救え!」地域に欠かせない八百屋とは?

東京・北区栄町。実はこの町内では、小売店が少なく、コンビニも1軒もない。そもそも北区は東京23区で最も高齢化率が高く、特に栄町では、65歳以上の高齢者の割合が28%と、より高齢化が進んでいる。そのため、コンビニなどができない上に、食料品店も姿を消してしまったのだ。
そんな北区栄町に1軒だけ八百屋がある。近藤青果店だ。
一人暮らしで料理が面倒だという独居老人のために「野菜を使った天ぷらや総菜」を販売したり、外出があまりできない人のために商品の宅配もしている。
しかし、手間はかかる上に、仕事は大変。それなのに儲けはあまり多くない。
そこで、お店を存続させるためにも、新しい取り組みに挑戦し始めている。
かつてはどこの商店街でも見かけたが、最近では忘れられた存在になりつつある八百屋。しかし、こうした時代だからこそ見直される八百屋の存在について考える。

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト タブラトゥーラ
曲名 海賊の唄
アルバム タブラトゥーラ・コレクション

本編25分11秒。
杉本青果店の杉本さんは拘りの野菜を求めて全国の生産地を訪ね、納得した野菜や果物を店頭に並べていた。 このシーンで使用している曲は「海賊の唄」。 日本のアンサンブルグループ、タブラトゥーラのアルバム「タブラトゥーラ・コレクション」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。