日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2014318 放送 第607

古きものに"新たな魅力"を

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

経済が発展していく上で、日本全国に建てられた様々な建物。
しかし、時代の変化とともに、その存在価値が薄まってきているものもある。
例えば、高度経済成長時代に続々と建てられた団地。そして、NTTの電話局など。こうした施設を斬新な発想で新たな価値や魅力を見出そうという動きが始まっている。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

若者を呼び込め!老朽化した団地を"無印"風に改装...

高度経済成長時代、日本は住宅ブームとなり、全国各地で大規模な団地が続々と建設された。東京・板橋区にある「高島平団地」はまさにその代表例だ。1972年(昭和47年)に当時の日本住宅公団(現在のUR)が建設。全体の戸数は約1万戸、当時の若い夫婦にとってあこがれの団地だった。 しかし、今や老朽化し、住民も高齢化、空き家が出るとなかなか埋まりづらいという現状もあるという。特に若い人たちにあまり入居してもらえない現状があるという。 そこで、都市再生機構(UR)は無印良品に協力をもとめた。無印風に団地の部屋を改装してもらい、無印ファンの若者層に入居してもらおうという目論見だ。昨年末から改装が始まり、いよいよ完成...・ 果たしてどのように生まれ変わり、入居者は集まったのか?

古いからこそ味がある!?  逆転の発想の結婚式場

今、全国の電話局が徐々に役割が減少し、空きスペースが増えてきているという。電話交換機のコンパクト化、交換業務の縮小などが主な理由だ。 こうした施設を積極的に再活用している会社がある。ブライダル事業を手掛ける「ノバレーゼ」という会社だ。 なぜ、電話局がいいのか?それは、広いオフィスは、広い宴会場として活用でき、しかも歴史的建造物ということで、重厚感と味わいも出る。また、独自の耐震基準をもって作っているので、建物自体も頑丈だという。 これまでにも、1929年(昭和4年)に建てられた、ネオルネッサンス様式の「芦屋電話局」などを結婚式場として再生。新婚カップルに人気となっているという。その戦略の裏側を追う。

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト Max Richter
曲名 Autumn 3
アルバム Recomposed by Max Richter: Vivaldi, The Four Seasons

本編30分51秒。
芦屋市にある結婚式場「芦屋モノリス」。
昭和4年に電話交換局として建造された施設をリノベーションし、
結婚式場として機能させているのだ。

このシーンで使用している曲は「Autumn 3」
イギリス在住のドイツ人作曲家、Max Richterによるアルバム
「Recomposed by Max Richter: Vivaldi, The Four Seasons」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック盤『Phoenix2』好評発売中!
    • 日経スペシャル 未来世紀ジパング
    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。