日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2015120 放送 第649

企業の"埋もれた技術"を活かせ!

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

世界に冠たる日本のモノ作り。それを支える独自の技術を開発するため、これまで各企業はしのぎを削ってきた。しかし、そうした技術の多くは実際に製品化されることなく、埋もれているのが現実だ。現在、日本で認められている特許は約146万件あるが、そのうち半数近くの約71万件が、利用されていない特許とされる。そうした埋もれている"宝の山"に光を当て、新たな商品を開発しようと、巨大企業が中小企業とタッグを組み始めた。また、他社の技術やありふれた技術を活用して、次々とアイデア商品を生み出すメーカーも取材。埋もれた技術を発掘する現場を追った。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

10万の"宝"が眠る巨大企業

スーパーコンピューターから携帯電話までを製造し、世界の通信・情報技術をけん引してきた「富士通」。1935年の設立以来、最先端の技術を数多く開発し、特許を取得してきた。その数は約10万件とされる。しかし、全ての技術が製品化に結びついている訳ではない。時代の流れに乗り遅れた技術、革新的だが用途が見出せない技術など、特許を取得したものの使われないまま埋もれている技術も多い。それらの特許技術を維持するためにかかる費用は年間数十億円にものぼり、大きな悩みとなっていた。そこで、「日の目を見ないまま倉庫の肥やしになっている埋もれた技術に、もう一度光を当てよう」と、わずか3名の特命チームが立ち上がった。自社の技術を活用してもらえないかと、日本全国の中小企業に売り込み始めたのだ。中小企業にとっても大企業の技術を使えるメリットは大きく、コラボレーションした製品が生まれつつある。そんな中、いま、富士通が小さな繊維メーカーとタッグを組んで開発しているのが、「ポロシャツ」。富士通のイメージとはかけ離れているが、そこにも富士通の「埋もれた技術」が隠されていた。

他社の技術を活かしてアイデア商品を開発せよ!

部屋を掃除する「コロコロ」の技術を応用して、スマートフォン用の商品にした「iコロコロ」。ジューサーミキサーのプロペラを用いて開発した、小型の洗濯機「スウォッシュ」。。。他社の技術やありふれた技術を活用して、数々のアイデア商品を開発している会社がある。オフィス文具メーカーの「キングジム」。書類ファイルやネームテープの「テプラ」等で知られている会社だ。アイデア商品を開発するようになったのは、リーマンショック以降、オフィス需要が激減し、またデジタル化で書類が減るという危機感もあったからだという。キングジムの新商品の開発には特徴がある。社員が新製品のアイデアを提案する製品開発会議。社長や幹部たちがずらりと並ぶが、参加者のうち1人でもそのアイデアに賛成すれば、すぐに商品化が決まる。「発売してみなきゃわからない。10本のうち1本当たればいい」というのが社長の口癖だ。結果として売れず、在庫の山となってしまったものも数多くあるが、アイデアを簡単につぶさないことを優先しているという。番組では、開発部隊の新たな商品開発に密着。果たして、どんな技術を用いた、どんな商品が生まれるのか。。。

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト 小沢征爾
曲名 「カルメン」第二組曲より、「ハバネラ」
アルバム アルルの女 & カルメン

本編36分32秒。
5億冊を売り上げたファイルやテプラで有名なキングジム。
しかし、こうしたヒット商品の裏側には多くの失敗作品があるという。

このシーンで使用している曲は「カルメン」第二組曲より、「ハバネラ」
小沢征爾指揮のアルバム「アルルの女&カルメン」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

キーワードで読む ガイアの夜明け

番組テーマに関連したキーワードについて多角的に解説し、番組への理解をより一層深めます。

日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳細はこちら

  • 「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック盤『Phoenix2』好評発売中!
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿

ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

ご注意下さい

最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。