日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2015428 放送 第663

ホンダ..."空"への挑戦!~独占取材!ジェット機開発の裏側~

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

ホンダが約30年もの期間をかけて開発をしてきた「ホンダジェット」。今年、いよいよアメリカでの発売が始まろうとしている。そこで、今年4月下旬には日本でも初めてお披露目される予定だ。実はアメリカでは保有されているビジネスジェット機が2万機にも及ぶという巨大市場。個人や企業の経営者が「ビジネスジェット」を所有して、国内移動に利用している、そんな航空社会なのだ。その市場を狙って、ホンダが開発したのは「7人乗りの小型ジェット」。セスナなどが先に市場を作っている分野だが、ホンダは「ホンダがやるからには、今までになかった飛行機を作りたい」と、考えた。そこで、ホンダエアクラフトカンパニーの社長、藤野道格さんは、通常、胴体にあるエンジンを羽根の上に置くという斬新なジェット機を生み出した。番組では、この開発の裏側を半年に渡って密着取材した。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

ホンダジェット...開発と販売の知られざる裏側

入社してからすぐに、航空機の開発を任された藤野道格(ふじのみちまさ)さん。以来、「ホンダがやるからには今までにない技術を盛り込みたい」と全く新しいジェット機の開発に挑戦してきた。番組では、その開発の裏側と、舞台となるジェット機工場を独占取材。また、知られざるアメリカのビジネスジェット機市場で、ホンダジェットはどう受注を増やしていくのか?藤野社長自らのPR活動にも密着した。

ジェット機に会社の夢を乗せた...ある町工場

国内市場が縮小を続ける中、このままでは未来が見通せないメッキ会社が、ホンダジェットの部品づくりに名乗りを上げた。「会社の夢と未来をホンダジェットに乗せた」という社長だが、航空機部品は、一般的な部品とは違って厳しい品質管理が要求される。果たして無事、部品を仕上げることができるのか?

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト John Debney
曲名 YES OR NO
アルバム Draft Day

本編31分22秒。
リーマンショック以降、売り上げが減少していた浅下鍍金。
町工場の存続を賭け、ホンダジェットの航空機部品造りに未来を託している。

このシーンで使用している曲は「YES OR NO」
アメリカの作曲家John Debneyによるサウンドトラック「ドラフト・デイ」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

キーワードで読む ガイアの夜明け

番組テーマに関連したキーワードについて多角的に解説し、番組への理解をより一層深めます。

日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳細はこちら

  • 「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック盤『Phoenix2』好評発売中!
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿

ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

ご注意下さい

最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。