日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2015526 放送 第667

"捨てられるモノ"が画期的な商品に変わる!

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

形が悪い、傷があるなどの理由で廃棄される野菜。竹細工などの需要が減ったために放置されている竹林。。。素材として価値がありながら、活用されていないものが世の中にはたくさんある。そうした、これまで"捨てられていたモノ"に光を当て、画期的な商品を生み出そうというベンチャー企業が登場している。その取り組みを取材する。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

子供たちが大喜び!廃棄野菜で作ったクレヨン

野菜や果物を使って作られたクレヨンが、いま人気となっている。その名も「おやさいクレヨン ベジタボー」。「赤」「青」「黄」といった色ではなく、「ほうれんそう」「りんご」「とうがらし」など、野菜や果物の名前が書かれている。実はこのクレヨン、形が悪い、傷があるなどの理由で捨てられてしまう廃棄野菜を使って作られている。手掛けているのは、青森市でデザインの仕事をしていた木村尚子さん。小学生の娘がお絵かきを好きなことから、クレヨンの製作を思いついたという。木村さんのアイデアに、地元の農家も喜んで協力してくれることになった。実は廃棄野菜を処分するのにも多額の費用がかかる。少しでも活用できれば、農家も助かるのだ。そうして集めた廃棄野菜をパウダー状に加工。それを名古屋市の町工場が試行錯誤の上にクレヨンに仕上げてくれた。木村さんはいま、廃棄野菜を使って、クレヨンに続く新たな商品の開発に乗り出している。果たして、どんな商品なのか?

放置された竹が野菜の鮮度を保つ!

日本人は昔から、竹を生活の様々な場面で活用してきた。しかし、近年、プラスチックなどの代替材が登場したため、竹材の国内生産量は減少傾向にある。そのため放置される竹林が増え、周辺の住民にとっては悩みの種にもなっている。そうした放置されている竹を使って、青果物の鮮度保持剤を開発した会社がある。佐賀県のベンチャー企業「炭化」だ。炭化の鮮度保持剤の特徴は、竹だけでなく三番茶も使っていることだ。通常、茶農家は4月から6月にかけて採れる一番茶と二番茶を売りにだすが、7月から8月に採れる三番茶は風味が落ちるため、売らずに捨てられてしまうケースもある。炭化はその三番茶を加えることで、鮮度保持剤の効果を上げることに成功したという。この鮮度保持剤に、いま企業も注目を始めている。その中の1つが香港の高級スーパー「シティスーパー」だ。シティスーパーは日本からの野菜の輸送に、炭化の鮮度保持剤を使いたいと考えていた。これまで野菜の輸送は航空便を利用していたが、長時間の保持が可能なら、船便で運ぶことでコストを抑えることができるからだ。4月、野菜を積んだコンテナに鮮度保持剤を入れ、輸送実験が行われた。果たして、放置されていた竹や三番茶で使って作られた鮮度保持剤は、博多から香港まで野菜の鮮度を保つことができるのか?

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト 高木正勝
曲名 perpetuum mobile
アルバム PENGUIN CAFE ORCHESTRA - tribute-

本編6分51秒。
青森市にある会社、
「みずいろ」が作り出した本物の野菜から作る「おやさいクレヨン」。
去年3月に発売し、わずか1年で累計3万セットを売り上げ、
幼稚園や保育園でも使われている。

このシーンで使用している曲は「perpetuum mobile」
高木正勝も参加するアルバム「PENGUIN CAFE ORCHESTRA - tribute-」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック盤『Phoenix2』好評発売中!
    • 日経スペシャル 未来世紀ジパング
    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。