日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2015714 放送 第673

それでも働き続けたい...~認知症と仕事...両立できる新時代~

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

いま、認知症となる人は年々増えている。しかも65歳未満の若い人が発症する「若年性認知症」も増加傾向にあるという。働き盛りの人が発症した場合、問題となるのは「仕事との両立」である。番組では、若年性認知症と診断されながら、周りの理解と本人の努力で仕事を継続している男性の取り組みや、妻が若年性認知症となり、仕事と介護を19年間、両立させてきた男性などを取材する。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

"元トップセールスマンがアルツハイマー...なぜ仕事を続けられた?

自動車販売チェーンの「ネッツトヨタ仙台」でもともとトップセールスマンだった、丹野智文さん(41歳)。丹野さんは2013年に39歳の若さで「若年性アルツハイマー」と診断された。しかし、現在も同じ会社の総務・人事で働いている。しかも、元トップセールマンのノウハウを生かし、新人セールスマンの指導にも携わっているという。瞬間、瞬間で、物事を忘れがちだという丹野さんが、一体どうやって仕事を続けているのか?また、活躍できる体制を作った会社の新たな取り組みをも取材する。

妻が若年性認知症に...どう仕事と介護を両立させてきた?

京都に住む、富田秀信さん。20年にわたり、旅行会社で働いてきた。実は19年前、妻が若年性認知症となり、介護が必要となってしまった。家族の介護を理由に会社を辞める人が年間10万人にものぼるという中、どうやって仕事と妻の介護を両立させてきたのか?

イオンが進める..."認知症サポーター"

いま、イオンでは店のスタッフに認知症サポーターの講習を受けることを 積極的に進めている。最近では、お客さんの中にも認知症と思われる方も増え、店のスタッフはその対応を学ぶ必要があるためだ。その講習の中身とは?

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト 新井誠志
曲名 流星の輝き
アルバム フェニックス

本編26分44秒。
若年性認知症と診断された41歳の丹野さん。
多くの若年性認知症の人が職を失う中、丹野さんは自分の経験を生かし、会社の戦力として働き続けている。

このシーンで使用している音楽は「流星の輝き」
ガイアの夜明けのサウンドトラック「フェニックス」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック盤『Phoenix2』好評発売中!
    • 日経スペシャル 未来世紀ジパング
    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。