日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2015922 放送 第683

"外食革命"は輸出できるか?

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

日本で人気の外食チェーンでも、海外進出を成功させるのは簡単ではない。現地の規制や習慣の違いなどから、撤退に追い込まれるケースも多い。そんな中、ユニークな手法で人気の外食チェーンが、その手法を武器に海外を目指そうとしている。例えば、「立ち食い」で高級料理を提供する「俺のフレンチ」は、立ち食いの習慣がない中国に乗り込む。また、様々な仕掛けで客を喜ばせる「くら寿司」は規制の厳しいアメリカに挑む。日本生まれの外食チェーンは海外でも通用するのか?その挑戦を追った。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

中国に"立ち食い"で挑む!

一流のシェフが高級食材で作る料理を格安で提供する「俺のフレンチ・イタリアン」。立ち食いスタイルにすることによって客を長く滞在させず、回転率を上げることで収益を得る。画期的なビジネスモデルで外食業界の常識をくつがえした。最近は座席がある店舗も増やしているが、時間を制限するなど回転率を追求するやり方は変わらない。その「俺フレ」に海外からのラブコールが届いた。相手は中国の大手飲食店グループ。俺フレのビジネスモデルに興味を持ち、上海の一等地に店を出したいというのだ。だが、実は中国には「立ち食い」の習慣はない。中国人は大勢でテーブルを囲み、食事をゆっくりと楽しむ時間を大切にするという。その中国進出の責任者に抜擢されたのが、総料理長の遠藤雄二さん。「中国は新しいものを取り入れる姿勢がある。立って食べることもステータスだと思ってもらえるのではないか」遠藤さんは強気の姿勢だ。しかし、現実には様々な壁が立ちはだかった。回転率を上げるためには店内のレイアウトが重要だが、図面になかった柱が動線を遮っていた。また、スタッフも慣れないスタイルにとまどい、効率良く動けない。そして、いよいよオープンの日。立ち席に着こうとする客は一人もいない。さらに、座り席ではパソコンを広げてくつろぐ始末。とても回転率を上げるどころではなかい。はたして、「俺フレ」スタイルは中国で成功するのか?

規制の厳しいアメリカ市場に日本の回転寿司が挑む

全国に360店舗を展開する、回転寿司チェーン「くら寿司」。客に支持されている理由は、「楽しくて何度も来たい」と思わせる仕掛けが用意されていることだ。タッチパネルで料理を注文すると、高速レーンで運ばれてくる。回転レーンでは「鮮度くん」と呼ばれるプラスティックドームが皿を覆い、回転する間のネタの渇きを防ぐ。しかもICタグで時間が管理され、規定時間を過ぎるとドームが開くようにもなっている。さらに、客が食べ終えた皿を「水回収システム」に入れると、5皿ごとにルーレットが回り、当たると景品が飛び出す。「ビっくらポン!」だ。田中邦彦社長は、この独自のシステムで海外に挑もうとしていた。実は、くら寿司は6年前からアメリカに進出し、8店舗を展開してきた。しかし、アメリカには様々な規制があり、これまではシステムを導入することができなかった。いわば普通の回転寿司店として営業してきたのだ。しかも、アメリカは多様な人種が混在しているため、マーケットを絞るのが難しく、日本の外食チェーンにとって非常に難しい市場なのだという。実際、成功している日本のチェーン店は少なく、くら寿司もまた思うように店舗を増やせずにいた。ようやく許可がおりた今年、くら寿司は日本と同じシステムを導入して巻き返しをはかることになった。番組では、閑古鳥が鳴いていた不振店の改修に密着。果たして日本の"客を楽しませる"外食システムは、アメリカ人を「ワオ」と喜ばすことができるのか?

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト The Doobie Brothers
曲名 South Bay Strut
アルバム One Step Closer

本編6分35秒。
ロサンゼルス郊外にあるくら寿司ラグナヒルズ店。
全米での伸び悩みを改善するために、店内の全面改装に乗り出し、巻き返しを図ろうとしている。

このシーンで使用している音楽は「South Bay Strut」
アメリカのアーティスト、ザ・ドゥービー・ブラザーズによるアルバム「One Step Closer」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック盤『Phoenix2』好評発売中!
    • 日経スペシャル 未来世紀ジパング
    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。