日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2017418 放送 第762

激突!"トランプ"vs 日本企業

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

就任演説で「アメリカを再び偉大にする」と強調したトランプ大統領。4月末で、政権発足から100日を迎える。保護主義の色を鮮明に打ち出したトランプ政権は3月末、アメリカが抱える巨額の貿易赤字の原因を究明するよう指示。日本に対してもこれまでに「農業分野の市場拡大で日本は第一の標的」との発言が飛び出したり、「自動車流通市場に非関税障壁がある」と主張したりして、厳しい姿勢で臨もうとしている。そんな「トランプ・ショック」にいま、様々な日本の企業や産業が翻弄されている。トランプ政権が繰り出す政策が、思いがけないところに影響を及ぼし始めているからだ。急速に変容するアメリカ...。世界で最も重要なパートナーの変化に、日本企業はどう対応し、難問を乗り越えていくべきなのか。未だ答えを見出せていない企業に密着し、これからの日本の進む道と課題を探る。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

ピンチ?チャンス?日本企業の“選択”は…

メキシコに「レンタル工場」を展開するベンチャー企業「事業革新パートナーズ」(東京都中央区)。NAFTAを締結するアメリカへほぼ“関税ゼロ”で輸出できる好条件と、もうひとつの大商圏・ヨーロッパにも地理的に近いことに着目し、日本企業のメキシコ進出の受け皿を狙って整備した施設だ。いま、5つの企業が「レンタル工場」に入居している。誤算だったのは、トランプ政権が誕生したこと。メキシコに対し、NAFTAの見直しを訴えていたトランプ氏が大統領となったことで、日本からメキシコへの進出機運は一気にしぼんでしまったのだ。現在、レンタル工場の半分は「空き」状態のまま。危機感を抱いた茄子川仁社長は、自らメキシコに乗り込んで情報収集する一方、日本国内でもさまざまなメーカーにメキシコ進出のメリットを訴え、レンタル工場に入居してもらおうと活動する。一方、その工場へ昨年秋に入居したばかりの自動車部品の金型メーカー「エムエス製作所」(愛知県清須市)も、トランプ政権の動きに神経をとがらせる。撤退するにも、すでに巨額の資金を投資してしまっているため、「メキシコで生き残るしかない」と覚悟を決めた。しかし、“トランプ・ショック”で、現地での受注は厳しい状況に…。果たして、日本の企業は「トランプ危機」を乗り越える策を見出すことができるのか?

意外なところに“トランプ・ショック”!?進出か、撤退か…

日本国内でも、意外な産業が「トランプ・ショック」に気を揉んでいた。アメリカ市場への進出を考えていた、栃木県の「益子焼」と呼ばれる陶器の産地だ。江戸時代から続く“伝統ブランド”だが、金属・アルミ製品の普及で現在、売り上げは最盛期の3割ほどに…。「少子高齢化で、国内市場の拡大は見込めない」と探した新たな市場が、アメリカだったのだ。現在、陶器をアメリカへ輸出する場合、最大28%の関税がかけられるが、TPPが発効すれば撤廃。それが、追い風になるはずだった。しかし・・・まさかのトランプ政権発足で、アメリカはTPPから「永久離脱」となってしまったのだ。生き残りへの「希望の市場」だったアメリカへ、それでも進出すべきなのか?あるいは計画を断念すべきなのか?果たして、その決断は…。

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト Jeff Beck
曲名 My Thing (David Torn Remix)
アルバム ジェフ

本編1分40秒。
メキシコ の中央高原地帯、バヒオ地区。工業団地として知られ、世界有数の自動車産業の集積地である。

このシーンで使用している曲は「My Thing (David Torn Remix)」
イギリス出身のギタリスト、ジェフ・ベックのアルバム「ジェフ」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック盤『Phoenix2』好評発売中!
    • 日経スペシャル 未来世紀ジパング
    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。