日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

201918 放送 第847

決戦!「平成最後」の大商戦

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

 「平成」もあと半年足らず。あちこちで「平成最後の」と打ち出したセールやビジネスが動き出している。それは、この年末年始にも...。 百貨店や旅行の業界では、「平成最後の大型連休」に客を呼び込もうと、例年とは違った戦略を打ち立てるところも。1月4日を休日にすると、最大で「10連休」という大型連休になるのだ。ここをどのように活用するのか、その成否は新しい元号で迎える、2019年のゴールデンウイークにも響くという...。 平成の30年間を締めくくる、元号をまたいだ怒涛の"年末年始商戦"を追う。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

カギは“プライベート感”…“非日常”異端ツアー「はとバス」次の一手

 関東を中心に周遊する、黄色い車体がシンボルの「はとバス」。戦後の創業以降、客数を伸ばしてきたが、平成バブル崩壊と共に失速。一時は経営危機にも陥った。
その“平成のどん底”から起死回生を果たしたのは、ツアーの企画力。巨大神殿の空間のような治水施設を巡るツアーに、酒造だけをひたすら巡るツアー…。“非日常体験”を押し出したコースが人気となり、今や業績も右肩上がりで回復している。
 その「はとバス」が“平成最後の年末年始”に力を入れているのが、日帰りではなく、「宿泊コース」。大型連休なら宿泊客も取り込めると、例年よりも宿泊コースを20%増加させた。
 動き出したのは、企画旅行部の横田勇気さん。横田さんが狙うのは、はとバスならではの「非日常」に、正月ならではの「ゆったり・プライベート感」をウリにしたコース。そこには顧客が密かに抱いていた“不満”を解消し、さらなる満足につなげる戦略が。「非日常」に「ゆったり・プライベート感」が加わった、はとバスの新たなツアーとは?

市場拡大中の「おせち」に続け!…新年に「ブーム」を生みだす!?  

 大型連休に外出する客を狙う業界もあれば、家で過ごす人たちをターゲットにする業界も…。百貨店の松屋デパートが狙うのは、旅行とは真逆の家でお正月を迎える人々。ここ最近、「おせち」の市場は拡大を続けていて、予約販売「16万円超」の老舗料亭が手がける高級おせちも完売するほどに。一方で、「100円おせち」市場を新たに開拓する企業も。「おせち」を取り巻く環境は、劇的に変わりつつあるのだ。
 そんな中、松屋が2018年に力を入れたのは、大晦日に販売する「当日おせち」。通常、おせちは事前に予約をして大晦日に受け取る。しかし、その大晦日当日に予約なしで買いたい客が多い、と睨んだのだ。価格は1万円から。値ごろ感を演出し、ラインナップも和洋中を取り揃えた。
 「おせち」ブームで好況に沸く“デパ地下”だが、実は年が明けると事情は一変する。「おせち」以降、2月のバレンタインデー商戦までは、毎年売り上げが落ち込むのだ。
 そこで松屋が仕掛けるのは、ある戦略。将来的には、正月とバレンタインデーの間に、新たな“ブーム”を作りたいと意気込む。そのヒントとなった、意外なものとは…?

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト 横山克
曲名 Break Through
アルバム 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

ご購入はこちらから(外部サイト)

本編1分39秒。
平成最後となった今年のお正月。
様々な業界が、平成最後をキーワードに商機をつかもうとしていた。

このシーンで使用している曲は「Break Through」
日本の作曲家横山克氏によるサウンドトラック「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

キーワードで読む ガイアの夜明け

番組テーマに関連したキーワードについて多角的に解説し、番組への理解をより一層深めます。

日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳細はこちら

  • 「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック盤『Phoenix2』好評発売中!
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿

ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

ご注意下さい

最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。