日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2019122 放送 第849

シリーズ外食王第6弾~ “絶品” 個人店の逆襲!~

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

一流の「絶品料理」を出したり、古くから地域の馴染みとなっている個人の料理店。経営ノウハウや体力が乏しかったり、後継者やスタッフなどの人材不足で、苦境に直面している。暖簾を下す決断を下すところも、少なくないという。
求められているのに消えようとしている、個人の"名店"...。それを支援して、復活させようという取り組みが動き出した。日本の「食文化」を支えることにもつながる、異色の挑戦を追う。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

愛されても、消えていく....“馴染みの名店” 決断のワケ

神奈川県・横浜市内の、とある洋食店。中に入ると・・多くの客で賑わっていた。
人気メニューは、豚ひき肉と豆腐を合わせた中華風のハンバーグ。中国の師子頭という
料理をアレンジした、オリジナル料理だ。ここでしか食べられない味だという。しかし、去年の末のある日、閉店を迎えた。
創業は1968年。横浜の地で、50年も夫婦が二人三脚で営業してきた。料理は80歳のシェフが、1人で手がけていた。最終日の間近には、閉店を惜しむ客が次々と詰めかけ、中華風ハンバーグを“食べ納め”…。
閉店の理由は「後継ぎがいない」ことだという。近隣のサラリーマンや地元住民に愛され続けてきたが、50年という節目に、閉店を決断した。

金沢の“絶品”印度カレー…閉店危機から一転、将来は世界へ!?

金沢市にあるインドカレーの店「ホットハウス」。創業から40年近く、売りは30種類以上のスパイスを独自に調合した、本格的なマサラカレーやバターチキンカレー。県外からも多くのファンが訪れる、人気のインド料理店だ。
しかし、この“絶品”個人店もまた、深刻な問題に直面していた。創業者で社長の五十嵐憲治さん(69歳)はここ数年、店を任せる後継者を見つけられず、「畳んでしまおうか」と悩んでいたという。
 そこへ手を差し伸べたのが、カレーチェーンの「ゴーゴーカレー」社長、宮森宏和(みやもりひろかず)さん(44歳)。2004年、新宿東口に一号店をオープンし、今や国内外に70店舗以上、海外にも展開する人気チェーン店だ。
 実は、宮森さんは金沢生まれ。22年間、「ホットハウス」の味に親しんできたファンの一人だった。「多くの人から愛されるこの味を守り、伝えていきたい」という一心で、五十嵐さんに「店を継がせてほしい」と声をかけた。
 五十嵐さんは「昔からの常連客で、ビジネスにも成功している宮森さんなら」と、2017年2月、ホットハウスを譲渡することを決意。宮森さんの「ゴーゴーカレー」が、味も従業員もそのまま継承する形で「ホットハウス」を買収したのだ。
 そして宮森さん、さらに次の一手へと動き出す。それは、傘下に収めた「ホットハウス」の強みを最大限生かした、意外な戦略だった…。

「総選挙」で未来を掴め!独立したいシェフに「異色」のチャンス!

 都内のある「路地裏」に、悪立地にもかかわらず繁盛する飲食店がある。名前は「29ON」。売りは、「焼かない」焼肉だ。小型の低温調理器を使った、旨味たっぷりの肉を提供している。年会費14000円を払えば、一回5000円で肉を食べ放題に。広告宣伝費を削減し、安価な低温調理機器の導入などによってコストを削減。それによって高級食材を仕入れていることが評判を呼び、人気店に。
 手がけるのは、4年前に設立した「favy」というベンチャー企業。社長の高梨巧さんは、19歳で起業し大手飲料メーカーなど1000社以上のデジタルマーケティングを手がけてきた。
 その高梨さん、自らの経験から個人店を応援したいと、ある新ビジネスをスタートさせていた。東京・銀座の一等地に、大きなレストランスペースを確保。ここを、腕に覚えのあるシェフたちが、将来、店を持つための足がかりにしてもらおうというのだ。
 そのための仕掛けは、「総選挙」。一体、何が始まるのか…?

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト Junkie XL
曲名 Wanlong Mellow
アルバム Music from SSX Blur

ご購入はこちらから(外部サイト)

本編8分42秒。
ゴーゴーカレーの社長、宮森さん。
廃業の危機に直面する地方の名店にを買収し、自社の新たな強みにしようと各地を回っている。

このシーンで使用している曲は「Wanlong Mellow」
Junkie XLによるサウンドトラック「Music from SSX Blur」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック盤『Phoenix2』好評発売中!
    • 日経スペシャル 未来世紀ジパング
    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。