日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

20191210 放送 第893

残業を減らす!45時間の壁シリーズ 人生が変わる働き方(4)

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

2019年4月、大企業の残業規制が始まった。法律による上限が施行され、45時間以内の月を年6回設けなければならなくなった。各企業が対応に追われる中、創業当初から店内調理にこだわり、家庭の味を提供してきた定食チェーン・大戸屋。そのこだわりが労働時間の増加を招いていた。店内での仕込み時間が大幅にかかり、労働時間の削減に頭を悩ませる。さらには、各店舗の深刻な人手不足。埋まらないシフトは店主自らが入り埋めるので、残業時間の削減は喫緊の問題だ。大戸屋で120日間、3店舗の40代店主たちに密着。残業を減らす闘い、そしてその先に待っているものとは・・・。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

【働き過ぎはもう法律が許さない!仕事大好き店主の意識改革】

「もっと働きたい・・・」そう切実に漏らすのは、大戸屋トップクラスの繁盛店店主。新宿東口の 安藤隆仁さん(41歳)。大戸屋入社以来、残業時間が45時間を下回ったことがない、仕事が生きがいのモーレツ社員だ。しかし、その働き方では今や法律違反。安藤さんは残業時間削減のため、人手不足解消に動き出した。働き方を改善するために従業員たちに相談を持ちかけると、時給を上げることを提案される。

【時間外労働をぶっ壊す!労働時間削減の秘密兵器とは?】

今年、店の立て直しのために中野北口店 店主となった 石田卓さん(43歳)は、残業時間削減に邁進していた。「帰るときは帰らないと、自分が倒れてしまったら意味がない」と話す石田さん。秘密兵器「タイミー」を駆使して、短期バイトを雇用。自身は定時で帰り、残業時間の削減を実現してきた。しかし、翌月店舗を訪れてみると、石田さんの労務時間に異変が・・・。なんと8月の残業時間が89時間までに達していたのだ。タイミーの使いすぎで、その度に教える時間が必要となり、石田さんの労働時間は逆に増えてしまっていた!社長には、「店を閉める」とまで言われた石田さんは・・・

【「残業代がないと食っていけません」悩める40代店主の残業事情】

「家族が4人いて、マンションも買ってしまって、ローンもあって・・・」会社が残業時間削減に舵を切ったなか、吉祥寺店店主 上原勇一郎さん(42歳)は浮かない顔をしていた。残業時間の規制ができてしまったことで、今まで通りの残業代がもらえなくなることを懸念していた。さらには、今までアルバイトに対して協力を呼びかけず、自分が就業シフトを埋めることで店を回してきた上原さん。ここにきてシフトを埋められず、自身の残業時間もどんどん増えていくばかり。このままでは法律違反になってしまう!上原さんは、苦手だったアルバイト教育に自ら乗り出すが・・・。

【アルバイト上がりの叩き上げ社長 売り上げ回復、労務改善が至上命題!】

「大戸屋戦士は、今の時代には適応できない」複雑な表情を浮かべながら話すのは、大戸屋で学生アルバイトから店主にまで上り詰め、44歳で社長となった山本匡哉さん(46歳)店主時代は、渋谷店を任され一躍人気店にしてきた。残業時間なんて気にせずがむしゃらに働いていた。その山本社長は、岐路に立っていた。2月のバイトテロ以降の売り上げ不振。そして、4月から始まった残業規制で労務改善は必至だ。自ら陣頭指揮を取り、手間のかからないメニュー開発、仕込み時間削減に向けたテストを繰り返す。山本社長は、店主たちから現場の声を聞き、残業時間45時間の壁を越えようとする。

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト 澤野弘之
曲名 Blumenkranz_[nZk]ver.〈INST〉
アルバム キルラキル コンプリートサウンドトラック

ご購入はこちらから(外部サイト)

本編1分30秒。
4月に施工された働き方改革関連法。
残業を「月45時間」に収めるため、大戸屋では働き方を見直す改革が急務となっていた。

このシーンで使用している曲は「Blumenkranz:[nZk]ver.〈INST〉」
澤野弘之氏によるサウンドトラック「キルラキル コンプリートサウンドトラック」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 日経スペシャル カンブリア宮殿
    • 日経スペシャル 未来世紀ジパング

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。