日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2020317 放送 第906

春の拡大スペシャル ゴミを宝に変える!ニッポンの技術

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

環境への意識が高まってきたとはいえ、ゴミ問題はますます深刻な問題になっている。例えばプラスチックゴミで見ると、日本人一人当たりが出す量は世界2位というデータもある。日本のみならず、世界にとって環境問題はこれからも最重要課題だ。そんな中、ニッポンの町工場の新たな技術や手法で、ゴミを宝に生まれ変わらせようという取り組みが加速している。ガイアの夜明け2020年最初のスペシャルは、日本や世界のゴミに再び価値を与える"町工場のすごい技術"を追う。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

女性が大活躍!リサイクル率99%の産廃業者 世界ブランドも注目

群馬県前橋市にある産業廃棄物処理業者「ナカダイ」。毎日約60トンの産業廃棄物が運ばれてくるが、すごいのはそのリサイクル率。平均の産業廃棄物の再生利用率は約53%に留まるなか、ナカダイでは実に99%のリサイクル率を誇る。それを可能にしているのが中台(なかだい)澄之(すみゆき)社長(47歳)のもとで活躍している女性スタッフだ。従業員の4割を占め、現場でも女性の姿が目立つ。通常なら焼却や埋め立て処分に回される廃棄物が、女性の丁寧な仕事によって分別・解体され、リサイクル可能な素材として生まれ変わるのだ。さらには、使用済み太陽光パネルなど、部品そのものを生かしたテーブルなど、おしゃれな家具に変身させる取り組みも…。そんなナカダイが目指すのは循環を前提とした社会(サーキュラーエコノミー)だ。
そんな中、2月、東京で開かれたアパレルの大規模展示会「rooms40」というイベントにナカダイが参加することになったのだ。ナカダイが丁寧に処理しリサイクル可能にした廃棄物を使って、新しい価値をつけた製品を作り、その質の高い技術を日本のみならず、世界にアピールしようという。。そのナカダイがタッグを組んだのは、美術大学の学生たち。若い感性はゴミをどんなものに生まれ変わらせるのだろうか。

長野の“発明王”が生んだゴミ分別機 世界をきれいに!

長野県千曲市にある町工場「モキ製作所」。会長の茂木(もぎ)国豊(くにとよ)さん(76歳)は、これまで数々の画期的な製品を生み出してきた発明家だ。煙が出ない『無煙薪ストーブ』や有害物質をほとんど出さない『家庭用簡易焼却炉』などなど。環境に優しい商品は家庭や工場などで活躍している。茂木会長が開発した中でも最も画期的なのが『破袋(はたい)分別機』。生ゴミとプラスチックの分別精度99%を誇る画期的な環境機器だ。この機器に廃棄された弁当や袋に入った麺類・菓子類などを投入すると、すぐに生ゴミとプラスチックに分別してくれる。生ゴミは堆肥などに、プラスチックは固形燃料などに再利用可能となる。現在、この機器は全国の食品工場や廃棄物処理施設に1200台が導入され活躍している。
発明を続けて50年…茂木会長は今、世界中で起きている廃棄プラスチックの問題に心を痛めていた。そんな中、茂木会長の生み出した環境機器が世界に羽ばたくチャンスが・・・。その舞台はフィリピン。海岸のいたるところが大量のプラスチックゴミで汚染されていた。悩む国が茂木さんの『破袋分別機』に興味を示したのだ。2月、さっそく現地マニラへ。皆が注目する中、茂木さんが開発した機械のスイッチが入る。その結末は・・・。

捨てられるセーターが糸に!?町工場の技で“究極のニット”を作れ!

1月の放送で紹介した服のリサイクル業者「ショーイチ」。メーカーやブランドから余った服の在庫を買い取り、ノーブランド品として安く売るビジネスを展開している。社長の山本昌一さん(41歳)は今、新たな取り組みを始めている。それは、価値の高い天然ウールのリサイクル。どう値下げしても売れない余ったセーターや本来なら捨てられるニットを集めて、一度糸にしてから、売れる製品としてよみがえらそうというプロジェクトだ。
山本さんは、日本各地にある町工場と連携。ショーイチが扱う余った服の中から天然ウールの服だけを集めて、愛知の町工場へ送った。そこでは細かく砕いたあと、最終的に綿にして独自技術で糸の状態に戻す。それを大阪の縫製工場へ持ち込んで、デザイナーがデザインした服に編みなおすのだ。服も捨てられる運命だったのと同じく、これら町工場の技術も国内繊維産業の衰退で、風前の灯になっていたという。それをなんとかしたい、というのも山本さんの思いだ。
そして1月、ついに新しい価値をまとったニット製品が完成。天然ウールで、しかも国内生産の服が5000円~6000円ほどで売られることになった。その第一弾が消費者の元へ。その驚きの出来栄えとは。

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト THE POTONE
曲名 Riceland (feat. rurarakiss)
アルバム Nanikono!

本編 15分4秒。
リサイクル率99%を誇るリサイクル会社ナカダイが新たに作った会社、モノファクトリー。
廃材を再利用した家具を取り扱っている。

このシーンで使用している曲は「Riceland (feat. rurarakiss)」
THE POTONEによるアルバム「Nanikono!」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 日経スペシャル カンブリア宮殿
    • 日経スペシャル 未来世紀ジパング

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。