日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2020616 放送 第918

必要なものをいま届けます!〜コロナ崩壊を防ぐ人たち(2)〜

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

今回のコロナ禍で奮闘するのは、医療現場の人ばかりではない。
ある者は医療現場の人たちに安らぎを提供し、ある者は不足する医療器具を急ピッチで作る。対新型コロナウィルスの最前線で闘う人たちのために「いま自分に出来ること」を全力でやる。"知られざる"コロナとの闘いに挑む人々を追う。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

医療用マスク開発 独自の技術で医療崩壊を防げ!

大阪にある国立循環器病研究センター。心臓病や脳卒中など循環器病の研究・治療を行う日本最高峰の医療機関だ。5月下旬、心筋梗塞の急患が搬送。3時間に及ぶ緊急カテーテル治療は無事終了したが、新型コロナで切迫する医療現場の実態が明らかに…。本来、使い捨てにすべき医療用マスクをポケットにしまう医師。コロナ以後、ずっと足りないままで、仕方なく使い回しているのだという。紐はゆるみ、フィット感も失われつつある。医師は「仮に、この状態でコロナ患者を診れば、感染リスクは格段に高まる」という。となれば、院内感染を招きかねない。
この危機的状況を打開すべく、センターと共同で医療用マスクの開発に乗り出したのが、京都にあるベンチャー企業「クロスエフェクト」。独自の3D技術を駆使した、術前シミュレーションで使う樹脂製・心臓モデルの製作等に定評がある。とはいえ、マスク開発はまったくの初めて。ウィルスを除去しながら、呼吸を安定させるにはどうすればいいか―。時間との闘いの中、試行錯誤の末に試作品が完成。医療現場でのテストが始まった。果たして、医師たちの反応は…。

「これが使われないことが願い」思いを込めた人工呼吸器

埼玉県にある医療機器メーカー「三幸製作所」。今年3月、社長の金坂良一さんは、ひとつのニュースに目を奪われた。それは、医療現場で人工呼吸器が不足すれば、誰の治療を優先するか「命の選別」を迫られる事態になるかもしれないというものだった。「このまま日本で感染が拡大すれば、同じように医療崩壊が起きるかも知れない」。三幸製作所は、自社で製造する麻酔用人工呼吸器を新型コロナ患者にも使用できるように改造し、増産しようと動き出す。技術者の人手が足りず、すでに定年退職した齋藤巖さんにも声がかかった。「自分の経験が役に立つなら」と齋藤さんも快諾。誰から発注を受けたわけではない…願いはひとつだ。「あくまでも補助的に使われる人工呼吸器です。これが使われるような事態になって欲しくない」。

命を救う現場に“安らぎの空間”を!

神奈川県にある病院にやって来たのは、キャンピングカー。実はこれ、コロナ禍のさなかで奮闘する医療従事者のために「安らげる場所」を提供しようという試み。始めたのは、東京にあるベンチャー企業「カーステイ」。病院の駐車場に置かれたキャンピングカーは、誰にも邪魔されず休める空間。「家族にうつす危険を考えると、なかなか家にも帰れない。ここでリセットできるのはありがたい」と好評だ。一方、東京にあるベンチャー企業「メロウ」は、医療従事者に温かい食事を届けるキッチンカーを手配する。食事を受け取った看護師は、「いつも周りの目が気になり、行くのはコンビニだけ。出来立ての料理は元気が出ます」と笑顔を見せる。

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 日経スペシャル カンブリア宮殿
    • 日経スペシャル 未来世紀ジパング

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。