日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

202091 放送 第929

便利で楽しく安全に!~コロナで変わる小売りの現場~

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

新型コロナウイルスの影響で、日本の消費のかたちはすっかり変わってしまった。
その中でも、「食」を支えるスーパーなど小売りの現場が果たす役割は大きくなっているが、流通・食品業界では、他の店やチェーンと差別化するために様々な工夫をしている。
これだけ、コロナが長期化しているため、便利であるのはもちろんだが、「安全」で「楽しい」ことも求められる。"ウィズコロナ""アフターコロナ"をどう乗り切るか、「生活者」はもちろん「働く人」を守ろうと奮闘する人々を追った。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

“ITのプロが小売業へ”少人化で24時間営業 コロナに立ち向う!

福岡県を中心に、大小250店舗を展開する人気の食品スーパー「トライアル」。
実はこの会社、元々はレジのPOSシステムを作るIT企業だったが、「小売りの実態を知らなければ、良いシステムも組めない」と、小売りに進出したちょっと変わった会社。
自分たちのハイテクを駆使したスーパーが、コロナ禍のいま、お客さんに「便利」で「安心」を与えられると攻勢をかけていた。
その切り札と言えるのが、ITを駆使した「レジカート」。
カートに備え付けられたタブレットとバーコードリーダーでお客さん自らが商品情報を読み取ることで、会計を済ませられる。感染リスクが高いと言われる「レジ待ち」の行列はなく、人と接触することを極限まで減らしているのだ。しかも時短営業を行う小売店が多い中、24時間営業を継続し、買い物客を分散することで3密の回避につなげている。
またトライアルの店舗では、独自に開発した1200台以上のAIカメラが商品棚や来店客の動きを監視。売れ筋商品や売れる時間をデータ化、商品の棚割りの最適化や欠品などの販売機会ロスをなくしている。お客さんにとっても、いつ行ってもちゃんと欲しい商品が並んでいる「楽しい」スーパーになっているのだ。このハイテクを駆使した大型スーパーが、今年7月関東に初進出。
千葉市稲毛区にある長沼店のオープンの様子に密着。ここは、withコロナ、コロナ後の売り場づくりを推し進めるモデル店。一体どのような戦略で勝負するのか?

スーパーの店頭販促に異変!”売り場が変わる“オンライン遠隔LIVE接客

いま、新型コロナウイルスの感染防止対策として、スーパーなどでの試食・試飲販売が禁止になっている。これは、食品メーカーにとって、実は大きな痛手。
長期化が予想される中、withコロナの新たな販促のカタチが始まっていた。
それは「オンラインによる遠隔のLIVE配信」での接客だ。
スーパーの特設コーナーに、大型のモニターを設置、その画面には、別の場所で実演調理するマネキン販売員と美味しそうな料理の映像が映し出される。
買い物客が近づくとマネキン販売員が声をかけ、商品をアピール、興味を誘う。
今回ガイアでは、この方法で商品を売ろうとする食品メーカー「ハナマルキ」に密着。
売ろうとするのは「塩こうじ」。ハナマルキの担当者は、「店舗で実演販売できれば売り上げが10倍以上になる」と息巻く。「非接触」での実演は、お客さんの心を掴めるのか・・・。

コロナ禍で実用化が加速する”無人配送ロボット“

コロナ禍で非接触による物流にいま注目が高まっている。
なかでもEC・宅配ビジネスの強化を検討しているスーパーやコンビニ、ホテルやオフィスビル内でのロボットによる配達が急速に進化している。実はこのコロナで、政府も後押しをしているのだ。
どんなロボットがあり、どう便利かを取材。

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 日経スペシャル カンブリア宮殿
    • 日経スペシャル 未来世紀ジパング

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。