日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週金曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

20211022 放送 第986

"再出発"...助けます!~コロナ禍サバイバル~

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

長引くコロナ禍で、非正規雇用の労働者たちが深刻な影響を受けている。そんな中、「今日、寝る場所がない」ところまで追い込まれてしまった人たちが駆け込む場所がある。"3日以内での仕事と居住先の手配"を掲げる「Relight(リライト)」という会社だ。様々な事情を抱える彼らに再起のチャンスを...若き社長の闘いの行方は?また、ホームレス寸前の状況から抜け出し、彼らがつかんだものとは?一方、コロナ禍で仕事に困っている母親たちから問い合わせが殺到しているビジネスがある。"子育てしながらできる"制服リユースショップの店舗運営だ。「1日5時間・週4日営業で、自宅でもできる」というが、そこには"お母さんそのものが武器"という驚きの手法があった。コロナ禍の苦境の中、立ち上がった人々の再起をかけた闘いを追った。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

「見えないホームレス」を救う!28歳の奮闘

コロナ禍で失業した結果、住まいも所持金も失い追い込まれてしまった人たち。そんな彼らが駆け込むのが、“3日以内に寮付きの仕事を紹介する”ことを掲げている「Relight(リライト)」という会社だ。社長は28歳の市川加奈さんで、提供しているサービスは、その名も「いえとしごと」。特徴は、手続きのハードルの低さと驚異的なスピードにある。住所や身分証明書がなくてもOK。携帯電話が止められていても、無料Wi-Fiで利用できるLINEで面接を受けられる。目指すのは、その日寝る場所もない相談者が、最短当日に就職し会社の寮に入れるようにすることだ。市川さんがこのサービスを始めたのは、「見えないホームレス」と呼ばれる若者を救いたいという思いからだった。日雇い仕事の収入でネットカフェなどに暮らす“ホームレス状態”にも関わらず、行政のセーフティネットからこぼれ落ちてしまう人々だ。市川さんとの面談から、彼らの過酷な現状が見えてくる。飲食店で調理を担当していた男性、美容室に勤務していた男性、観光地の土産物店で働いていた女性、皆、コロナ禍で仕事を失い、中には「今日泊まる場所がない」という人もいる。彼らは、市川さんのサポートを得て、再出発を果たすことができるのか?

「1日5時間・週4日」営業!子育てしながらできる店

今、コロナ禍で仕事に困っている母親たちから注目されているビジネスがある。学生服のリユースショップ「さくらや」の店舗運営だ。「1日5時間・週4日営業」「自宅でもできる」ということで、シングルマザーを始め、子育てと仕事の両立に悩む人たちから問い合わせが殺到しているという。現在、全国に78店舗と拡大している「さくらや」。創業者の馬場加奈子さん(49歳)自身、3人の子どもを抱えるシングルマザーで起業した。子どもとの時間が取れるようにとこだわった時短営業。それを可能にしているのは、地元企業の協力を得た地域ぐるみでの運営だという。中西裕子さん(55歳)は夫を病気で亡くし、コロナ禍の6月、娘と「さくらや」を始めることを決めた。慣れない営業に悩む中、果たして、軌道に乗せることはできるのか?

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。