日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週金曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

20211224 放送 第995

ホンダの生きる道シリーズ「脱炭素」との戦い②

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

世界は急速に「ガソリン車禁⽌」「自動車の電動化」へと進んでいる。これまでハイブリッド車やエンジンの燃費性能でリードしてきた日本の自動車メーカーは、大きな岐路に。これからどう生き残っていくのか?日本を代表するメーカーの一つ、ホンダを独占取材!激動の時代を生き抜く新たな闘いを追う。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

「脱炭素」「EV対応」でホンダに激震!“脱エンジン”の衝撃度

12月12日アブダビ。F-1最終戦。最後の瞬間をモニター越しに見つめる日本の技術者たち。ホンダのF-1への挑戦はこの日、幕を閉じた。これに先立ち、1970年からエンジン部品を製造してきた栃木県真岡市の工場を25年に閉鎖すると発表。続いて2000人の早期退職募集も・・・。世界的な「脱炭素」「電動化」の波にさらされる中、「今こそ第2の創業期」と言い切るのは、今年4月に就任した三部敏広社長だ。2040年までに、新車販売の100%をEV(電気自動車)などの「脱ガソリン車」にする決断を下したのだ。ホンダ社内でいま、何が起きているのか?

世界EV戦争の震源地へ!ホンダVS中国新興メーカー 勝算はどこに?

世界最⼤の自動車市場・中国。国家戦略として官民一体でEVを推進している。ホンダは普及の進まない日本ではなく、中国でEVを開発・生産の拡大を図る選択をした。その狙いは?中国市場は異業種からの参入組を含め、まさしくEV勃興期で勢いがある。ホンダが投入する「新型EV」の実力を独占取材!すでに始まった中国市場での闘いを追う。

時代を生きろ!闘い続けるホンダマンたち 独占!「クルマ」を超える秘策とは?

ホンダはこれまでロボットや飛行機の開発など、「二輪車」「四輪車」の領域にとどまらず新事業にチャレンジしてきた。創業者・本田宗一郎の「チャレンジ・スピリット」はこれからどう受け継がれ、具現化されるのか?実はF1やエンジン開発に携わっていた技術者たちは、すでに「新しい移動手段」を実現する事業に乗り出していた。それは世界各国で開発競争が始まった「空飛ぶクルマ」。単にモノを作るだけでない、ホンダが「脱自動車メーカー」として生まれ変わる大いなる「戦略」が秘められていた。

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • テレ東系リアルタイム配信
    • Paravi
    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。