日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週金曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2022225 放送 第1003

"届ける"を極める!

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

コロナ禍の巣ごもり消費の中で発展した「届ける」サービスが、より便利に進化している。いま注目の"注文して10分"で商品が届く宅配スーパー。実際の店舗はなく、配送専門という欧米では当たり前となった"ダークストア"という業態が、日本でも広がりを見せようとしている。一方、住宅街やマンションの前に"こだわりの専門店"が届く移動店舗サービスも人気。仕掛ける大手不動産会社の狙いとは・・・。"届ける"を極める仕掛け人たちに密着する。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

“10分でお届け”超速・宅配スーパーさらに便利に!

「10分で届く宅配スーパー」と看板に書かれた店がある。その名も「OniGo(オニゴー)」。店内には生鮮食品から日用品までおよそ1000もの商品が並んでいる。しかし客は店の中で買い物できるわけでない。ここは宅配専門の店だ。客は専用アプリから商品を注文すると、店内にいるピッカーと呼ばれるスタッフがカートを押し素早く商品をカゴに投入。その時間わずか2~3分。そしてすぐさま店内で待機している専属の配達員が自転車で客の元へ届ける。注文してから客の元に渡るまでわずか10分以内という速さ。このモデルは「ダークストア」と呼ばれ、欧米では当たり前のサービスになっているという。オニゴーは日本初のダークストアとして去年8月にオープン。社長の梅下直也さんは「小さい子どもを持つ親や妊婦さん、高齢者など日々の買い物へ行くのに課題を持つ人はたくさんいる。いずれはダークストアでの買い物を日常にしていきたい」と語る。従来のネットスーパーは、時間指定や翌日など届くまでに時間を要していた。その課題を解消すべく東京のど真ん中で挑戦を始めた。現在、目黒区と世田谷区に3店舗を展開するオニゴー。梅下さんは今年8月までに東京23区を全てカバーしようと出店攻勢をかけていた。一方、ここに来てライバルも続々と“ダークストア”業界に参入を始めている。競合が増える中、オニゴーには客からある声が寄せられていた。それは「品揃えをもっと増やしてほしい」という要望。リピーターを獲得し競争を勝ち抜きたい梅下さんは商品力の強化へと動き出した。特に力を入れるのが魚などの生鮮品だ。果たしてどんな手で挑むのか。さらに、あの有名な小売企業からも、一緒に宅配サービスを仕掛けたいというオファーが舞い込んだ・・・。

“こだわりのお店”が近所に“届く”!“三井不動産”が仕掛ける新戦略

休日の朝10時。東京・中央区晴海にあるタワーマンションの前に数台のトラックがやってきた。「青森産リンゴの専門店」、「ヴィーガンのフルーツサンド専門店」など移動販売の車だ。食べ物だけでなく、中にはアクセサリーや小物を売る店もある。開店するやいなや、マンションの住民たちがこぞって店に押し寄せる。開店から4時間経った午後2時。各店舗は途端に店じまいを始めマンションの敷地から出て行く。リンゴ専門店の車を追うと、到着したのは月島にある駐車場。その一画で再び店を開き始めた。すると、夕飯の買い物帰りや子どものお迎え途中の近隣住民たちが集まり、どんどんリンゴが売れていく。さまざまな店が家の前にやってくるとあって、住民からも大好評だ。こうした場所や時間に応じてさまざまな移動販売車がキャラバンのようにやってくる「MIKKE!(ミッケ)」。この新しいビジネスモデルを仕掛けるのが大手デベロッパーの「三井不動産」グループ。マンションや駐車場など自社で持つ物件を中心に活用。その地域の世帯の特徴や人流など、不動産会社ならではのデータも活かし、どの時間にどの店を展開するか、緻密な戦略を立てる。「MIKKE!」を考案したのは、入社10年目の社員、後藤遼一さん。社内の新規事業公募でアイデアが採用され、事業化したのだ。以前は三井の大型商業施設「ららぽーと」の担当をしていた後藤さん。「商業施設で売れずにそのまま撤退していくテナントをいくつも見てきた。機動力のある移動販売ならば、ニーズのあるところに届けることができる」と語る。そんな「MIKKE!」に新たな展開が。モノや食べ物を売るだけでなく、今後は、“体験サービス”を届けることも売りにしようというのだ。果たして今度はどんなお店が近所に届くのだろうか・・・。

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • テレ東系リアルタイム配信
    • Paravi
    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。