日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週金曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

202234 放送 第1004

ワークマン 知られざる闘い

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

作業服から一般向けへと進化と拡大を続けている「ワークマン」。その勢いはとどまることを知らず、前回(2021年4月放送)取材した新型店「#ワークマン女子」は、現在11店舗にまで増えている。そうした中いま人気を集めているのが、"キャンプに使える"商品だ。火の粉に強い手袋やペットボトルを保冷・保温できる真空ホルダーなどは品切れが続出。そこでキャンプ用品市場への本格参入を決めたワークマン。その目玉として開発に乗り出したのがテントや寝袋だ。そこにはある狙いが...。一方で、客層を広げていく戦略には、長年ワークマンを支えてきた「現場で働く人たち」から不満の声も。そこで始めたのが、機能性・耐久性を徹底的に追求した「プロの職人」向けの商品の開発。目指すは、作業服を"極める"。原点を忘れることなく進化を遂げようとするワークマン、その新たな挑戦を追う。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

ワークマンならではの“夢のテント“とは?

ワークマンは、2021年9月、今や恒例となった「過酷ファッションショー」を開催。今回は雨や風などの悪天候に強いというだけでなく、火花が散る“炎のランウェイ”で「火の粉に強い」こともアピールした。続く10月には、東京・錦糸町に8店舗目となる「#ワークマン女子」をオープン。そこで人だかりができていたのが、手袋やハンマーなどキャンプに使えるグッズのコーナーだ。『もっと色々な種類が欲しい』『テントも出してくれないかな』とキャンプ向け商品の本格展開を望む声は多い。そんな中、実はワークマン、すでに様々なキャンプ用品の開発を進めていた。担当するのは商品部の鐵本孝樹さん。以前のガイアに登場したワークマン“ビッグ4”のひとり、八木謙太郎さんの部下だ。目玉商品にしようとしていたのは、客からの要望が多いテント。ワークマンならではの「高機能・低価格」なものを作るには…?そこで鐵本さんが頼ったのは、“素材の鬼”と呼ばれる、同じくビッグ4の一人、中野登仁さんだ。特殊素材を知り尽くした先輩の助言を得て試行錯誤の末に出来上がったテント、その出来栄えは…?また、低価格テントの開発、そして店舗ではなくネットが中心という今回の販売スタイルには、ワークマンのある意外な狙いが。それは…?

「俺たちのワークマン問題」に新展開…プロのこだわりを“極める”!

「ワークマンプラス」「#ワークマン女子」の成功で、今や一般客からも大きな支持を得ているワークマン。しかし、ひとつ“落とし穴”があった。それは前回放送でも取り上げた「俺たちのワークマン問題」。昔からの客である「現場で働く人たち」から、『駐車場がいっぱいで入れない』『汚れた格好で店に入りづらい』など不満の声があがっていたのだ。長年、作業服を作ってきたビッグ4の中野さんも、ここ数年は“撥水デニム”や“高機能スーツ”など一般向け商品の開発に力を注いできた。しかし一方で、「俺たちのワークマン問題」には大きな危機感を抱いている。そこで中野さん、改めて作業服を追求することに。そのためにタッグを組んだのは、元鳶職人の山下幸一さん。建設業界の活性化を目指し職人の魅力を情報誌やYouTubeなどで発信している人物だ。実はワークマン、ハーネスなどの重い装備を付けて高所で働く人向けの作業服は今まで作ってこなかった。中野さん、山下さんのアドバイスを受けながら、初めてそこに挑もうというのだ。過酷な状況の中で働く人をサポートできる服にするには?職人ならではのカッコ良さを打ち出すには?タッグを組んだ2人がたどり着いた答えとは…。また、ワークマンが新たにオープンさせた、「プロの職人」のための店、その裏側にも迫る。

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • テレ東系リアルタイム配信
    • Paravi
    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。