新着ニュース

阿部詩 世界選手権金メダリストの志々目を破る!兄・一二三とのアベックVなるか!?

2017.12.2
柔道グランドスラム東京2017 - 阿部詩 世界選手権金メダリストの志々目を破る!兄・一二三とのアベックVなるか!?

 柔道の国際大会、グランドスラム東京2017が2日、東京体育館で開幕。初日の女子は、48kg級、52kg級、57kg級、63kg級が実施された。

 

 この日、最大の注目を集めているのは、男子66kg級の阿部一二三(日本体育大学2年)と女子52kg級の阿部詩(兵庫・夙川学院高校2年)による兄妹アベック優勝。講道館杯優勝で勢いに乗る妹の詩は順調に勝ち進み、世界選手権で金メダルを手にしている志々目愛と準々決勝で激突した。互いに有効な技を出せずにいたが、2分が経過したところで詩が浮落で技あり。そのまま試合終了を迎えて勝利した。準決勝ではフランスのブシャールを下し決勝進出。兄の一二三も無事に決勝に駒を進めたため、アベック優勝への期待は一層高まっている。

 

 もう一つの注目対決は、女子48kg級の準々決勝。世界選手権で金メダルを獲得した渡名喜風南(帝京大学4年)と、リオデジャネイロ五輪銅メダリストの近藤亜美(三井住友海上)の直接対決だ。両者ともに譲らぬ展開ながらも、残り39秒で近藤が抑込の体勢に入り、そのまま横四方固で一本勝ち。対する渡名喜は、敗者復活戦に臨むこととなった。

 

Photo:Itaru Chiba

ニュース一覧