新着ニュース

新井千鶴、新添左季に雪辱を果たす!昨年の決勝カードが予選で実現

2017.12.3
柔道グランドスラム東京2017 - 新井千鶴、新添左季に雪辱を果たす!昨年の決勝カードが予選で実現

 東京体育館で開催されている柔道の国際大会、グランドスラム東京2017。女子70kg級、78kg級、78kg超級が実施されている3日の予選を終え、新井千鶴(三井住友海上火災保険)、朝比奈沙羅(東海大学3年)、稲森奈見(三井住友海上火災保険)らが準決勝進出を決めた。

 

 女子70kg級で世界ランキング1位の新井は、2回戦から登場。朱 雅(中国)と対戦し、抑込で一本勝ち。解説者も「うまいですね。相手に自分の柔道をさせなかった」と絶賛するほどの出来栄えで駒を進めた。

 

 一方、昨年のグランドスラム決勝で新井を破り、優勝を果たした新添左季(山梨学院大学3年)は、1回戦でチョン ヘジン(韓国)に内股で技あり、そのまま袈裟固で一本勝ち。続く、2回戦のタカハシ(フィリピン)にも開始すぐに抑込で一本を獲得し、快勝した。

 

 続いて、昨年の決勝と同カードとなった準々決勝では、両者一歩も譲らぬ展開に。両者に指導が入った後、攻勢をかけた新井が抑込の体勢に持ち込み、そのまま一本勝ちを決めた。さらに同階級では、大野陽子(コマツ)と田中志歩(環太平洋大学1年)も順調に勝ち進み、準決勝進出を決めている。

 

 また、女子78kg級では、世界選手権で銀メダルを獲得した梅木真美(ALSOK)が、2回戦でラミレス(ポルトガル)、準々決勝でマロンガ(フランス)を破って準決勝へ。講道館杯優勝の濱田尚理(自衛隊体育学校)は、1回戦でマイヤーソン(イスラエル)、2回戦でパウエル(イギリス)、準々決勝でアポテカー(スロベニア)に勝利し、準決勝進出を決めた。一方で、昨年の柔道グランドスラム覇者の佐藤瑠香(コマツ)は、準々決勝で敗れて敗者復活戦に臨むこととなった。

 

 そして、昨年の柔道グランドスラム覇者で、今年の世界無差別選手権で金メダルを獲得している女子78kg超級の朝比奈は、準々決勝から登場。ムバイロ(フランス)を危なげなく撃破し、準決勝に進んだ。稲森は、1回戦でシェケロワ(ロシア)に一本勝ち。2回戦は姜 雅楠(中国)に勝利し、準決勝で朝比奈と戦うことになった。素根輝(南筑高校1年)は、1回戦で王 彦(中国)から袖釣込で2回技ありを奪い、横四方固で一本勝ち。準々決勝は、アウテマン(ブラジル)を終了間際に抑込で一本勝ちで駒を進めている。

 

Photo:Itaru Chiba

ニュース一覧