新着ニュース

柔道GS2日目、大注目・小川雄勢が順調に勝ち進む 父・小川直也も応援へ

2017.12.3
柔道グランドスラム東京2017 - 柔道GS2日目、大注目・小川雄勢が順調に勝ち進む 父・小川直也も応援へ

東京体育館で行われている「柔道グランドスラム東京2017」の2日目は、男子は81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級の競技が行われた。

 

この日、バルセロナオリンピック95kg超級銀メダリストで元世界チャンピオンの小川直也を父に持つ、小川雄勢(明治大学3年)に注目が集中。父親が見守る中、1回戦は相手・バトトルガ(モンゴル)に反則勝ち。続く2回戦では、サッソン(イスラエル)に一本勝ちし、準々決勝でもヘギーに勝利。準決勝へ進み、2年前の同大会で銅メダルを獲得した上川大樹(京葉ガス)と戦うことになった。

 

また、もう1人の注目選手・王子谷剛志(旭化成)は2回戦から登場し、ナイダン(モンゴル)に一本(横四方固)で勝利。しかし、準々決勝でクルパーレク(チェコ)に敗れる結果に。このクルパーレク(チェコ)とは、景浦心(東海大学3年)が準決勝で当たることとなった。

 

男子90kg級では、長澤憲大(パーク24)と小林悠輔(旭化成)が1回戦から順調に勝ち進み、準決勝へ。注目選手だった向翔一郎(日本大学4年)は、1回戦で相手の計量失格により勝ち進み、2回戦もクコリ(セルビア)に勝利。しかし、準々決勝でベットーニ(ブラジル)に敗れ、敗者復活戦へ進むことに。釘丸太一(センコー)も1回戦で敗退となった。

 

そして、男子100kg級、81kg級は、どちらも準決勝進出者がいないという波乱の結果となった。

 

Photo:Itaru Chiba

ニュース一覧