新着ニュース

大野陽子、柔道グランドスラム東京初制覇!「次は世界選手権で勝ちたい」

2017.12.3
柔道グランドスラム東京2017 - 大野陽子、柔道グランドスラム東京初制覇!「次は世界選手権で勝ちたい」

 東京体育館で開催されている柔道の国際大会、グランドスラム東京2017。3日、女子70kg級に出場した大野陽子(コマツ)が、決勝で新井千鶴(三井住友海上火災保険)を下して金メダルを獲得した。

 

 大野は1回戦でパッソーニ(イタリア)、2回戦でコンウェイ(イギリス)、準々決勝でファン デイケ(オランダ)を破り準決勝へ。田中志歩(環太平洋大学1年)との準決勝では、指導の差で勝利を収めて準決勝へ。

 

 一方、女子70kg級で世界ランキング1位の新井は、2回戦から登場。朱 雅(中国)と対戦し、逆足払で技あり、横四方固で一本勝ち。その後、昨年の決勝で敗れた新添左季(山梨学院大学3年)と準々決勝では、ゴールデンスコアに突入するも、新井が横四方固で一本勝ちを決めた。準決勝ではペレス(プエルトリコ)と対戦し、力強い引き込みを物ともせず、横四方固で一本勝ち。

 

 迎えた決勝戦では、大野、新井ともに有効な技を繰り出すことができず、双方に指導が2つずつ入る展開に。ゴールデンスコアに突入するかと思われたが、3分44秒に新井に指導が入り決着。大野がグランドスラム東京を初めて制する結果となった。

 

 試合終了後に、大野は「次は世界選手権で確実に勝ちたい。嬉しいというよりも、今日のダメな部分を見直して、次に勝てるようにしていきたい」と語り、「その中でも思いっきり投げる練習はしています。指導勝ちでもいいので、その試合ひとつひとつを確実に勝つという気持ちでやっていきたい」と意気込んだ。

 

 このほか、敗者復活戦に進んだ新添はガヒエ(フランス)に敗れ敗退。3位決定戦に進んだ田中は、ガヒエに大内刈を繰り出し、一本勝ちを決めた。

 

Photo:Itaru Chiba

ニュース一覧