新着ニュース

女子日本代表 増地克之監督 大会2日目総括「審判の判定に左右された1日だった」

2018.11.25
柔道グランドスラム2018 - 女子日本代表 増地克之監督 大会2日目総括「審判の判定に左右された1日だった」

 24日、柔道グランドスラム2018<大阪・丸善インテックアリーナ大阪 11月23日~25日>が行われた(大会2日目:男子73kg級・81kg級、女子57級kg・63kg級・70kg級)

 

 日本女子は、女子70kg級の新井千鶴(三井住友海上)が優勝し、来年の世界選手権の内定を獲得。一方、優勝が有力視されていた57kg級の芳田司(コマツ)は、優勝はおろかメダルも逃す波乱の展開となった。芳田を下し決勝へ進んだ玉置桃(三井住友海上)は惜しくも銀メダル。63kg級では土井雅子(JR東日本)がグランドスラム初優勝。日本女子代表の増地克之監督は全体を通して「階級の層が暑くなっている」とコメント。

 

【増地克之女子監督・総括】

Q.今日1日の総括

 

審判の判定に左右された1日だったなと。

 

Q.選手については

 

世界代表の4名(芳田・田代・新井・大野)が出場したわけですけども、その中で新井がコンディション調整が難しい中でもしっかり(内定を)とった。去年の苦しさを生かした内容だったんじゃないかと思います。

 

Q.阿部&新井以外の世界代表が勝ちきれていない印象だが

 

良い言い方をすれば階級の層が厚くなっているということだと思います。田代にしても芳田にしても対日本人に対して敗れているところを見ると我々が求めている階級の層を厚くしてくれているという風に思います。

 

Q.日本人対決で勝ち残った選手は考慮されないか

 

考慮されないことはないのですが、やはりこの大会でもマスターズでも欧州でも対外国人と戦った時にいかに勝ちに結びつけていくかが選考材料になっていくので日本人対決で勝った負けたよりもまずは対外国人だと思います。

 

Q.明日の重量級について

 

世界代表2人ともチャンピオンとしてのプライド持って戦って欲しいですし、追いかける選手も代表を阻止する強い気持ちで戦って欲しいと思います。

 

Q.新井選手が内定を決めたことについて

先に指導をもらうケースが試合の中で何試合かありましたので、そこは今後課題としてやっていければと思います。指導2つもらう場面があって、今日の審判だと勝敗がどう転ぶかわかりませんので、無駄な罰則をもらわないように戦っていかないといけないと思います。

ニュース一覧