ストーリー

  • 記憶捜査~新宿東署事件ファイル~ 第5話 シーン1
  • 記憶捜査~新宿東署事件ファイル~ 第5話 シーン2

2月15日(金)放送 第5話

寄席『角筈亭』で銀行員・手塚山翔(山田悠介)の死体が発見され、現場には橘亭昭平(相島一之)の演者札に、被害者自身の血液指紋が残っていた。啓太郎(風間俊介)の捜査から、翔が頻繁に昭平の高座を訪れていたことがわかるが、咲(上白石萌音)の聞き込みや母親の証言では、翔に落語の趣味はないという。
鬼塚一路(北大路欣也)は被害者の所持品から、セールス用の金融商品の資料と古い時計の存在を気にかける。

フォトギャラリー

すべての画像を見る

ストーリー一覧

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト