オリンピックに関する放送局の【偽サイト】が確認されています。アクセスされますと被害を受ける恐れがありますのでご注意ください。

キャスト

西野圭介役|白洲迅

西野圭介 白洲迅

警視庁 捜査一課

張り切って捜査に加わろうとするが、旧態依然とした昭和の鬼刑事や全く刑事とは思えないような女刑事に振り回される。

コメント

① 主人公・楯岡絵麻の相棒・西野圭介役でのご出演ですが、出演のお話をお聞きになった時のお気持ちは?主演の栗山千明さんと相棒役で共演できることや、刑事モノということで、どんな事件が描かれていくのか、とても楽しみに思いました。② 台本を読んだ感想を教えてください。心理学を駆使した取り調べは、とても面白いと思いました。特にマイクロジェスチャーには、役者としてもとても興味を惹かれました。心理サスペンスなのですが、コメディー要素も強く、とても演じごたえがありそうだなと思いました。③ 主演の栗山さんの印象を教えてください。同じシーンで演じるのは初めてです。凛としたイメージを持っていたのですが、実際お会いして話してみると、とても気さくで、壁を感じさせない素敵な方だなと感じました。④ これまでも、数々の刑事役を演じてこられたと思いますが、西野を演じるにあたり、役作りで意識されたことや心がけていることは?今回コメディー的役回りも多く、いろんな表情が要求されるので、顔の筋肉を総動員して、全力でやっています(笑)。絵麻さんと良い凸凹コンビになれたらと思います。とは言え、西野も捜査一課に配属されるくらいの刑事ではあるので、締めるところは締めて、やっていきたいと思います。⑤ 撮影するにあたって楽しみにしていることは?「こんなニュアンスの台詞言ったことがない!!!」と感じるような今までに無い役どころなので、自分でマイクロジェスチャーをどういう芝居、撮り方で表現していくのかはとても楽しみです。⑥ ドラマの見どころ、視聴者の皆さんに楽しんでもらいたいポイントは?行動心理学を軸に事件が紐解かれていきますが、普段使えるようなものから、知ってしまうとちょっと怖いような心理学もあったり、楽しんでいただけると思います。視聴者の皆さんも是非、犯人の心理を読みながら、事件を推理してみてください。絵麻さんと西野のなかなか噛み合わないやり取りにも、ちょっとクスッとしてもらえたら嬉しいです!

金曜8時のドラマでの放送に向けて

「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」が明日5月1日から地上波ゴールデンで放送されます!2018年に放送されたこの作品が、もう一度見ていただけることが本当に嬉しく、有り難く感じます。
取調室で、栗山さんの難しい長台詞を、デスクに座ってひたすら見守っていたあの頃を思い出します。笑
栗山千明さん演じる楯岡絵麻が「行動心理学」を用いて被疑者の嘘を見抜き、様々な難事件を解決していきます。
僕が演じる西野は、捜査一課の刑事ではあるのですが、基本的には楯岡さんに振り回されながら、たまーに意図せず、事件解決のヒントになる発言をしたりなんかもします。笑
楯岡さんと西野の噛み合わないやり取りにも楽しんでいただけたら嬉しいですし、行動心理学の面白さと共に、是非、一緒に推理しながら見ていただけたらと思います。

第10話

ストーリーを見る

第9話

ストーリーを見る

第8話

ストーリーを見る

第7話

ストーリーを見る

第6話

ストーリーを見る

第5話

ストーリーを見る

第4話

ストーリーを見る

第3話

ストーリーを見る

第2話

ストーリーを見る

第1話

ストーリーを見る

キャストトップへ戻る

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト