【ヤクルト】高津新監督 初勝利!山田哲&村上が豪快アベック弾。小川は6回2失点の好投

野球

2020.6.21



<6月20日 ヤクルト 6-2 中日 @神宮球場>

19日、ホームランを放っている山田哲人内野手(27)が20日も号砲を鳴らす。中日の先発・吉見一起投手(35)のストレートを振り抜き、2試合連続のホームランを放つと球団史上初、20歳での開幕4番に座る主砲・村上宗隆内野手(20)も「まずは1本出てよかった」と若き大砲が今シーズン第1号を放ち初回に3点を奪う。

【動画】ヤクルト ドラ1・奥川恭伸 最速タイ154キロ!圧巻のデビュー戦 全球みせます!

投げては去年本拠地で結果を残せなかった小川泰弘投手(30)が「攻める気持ちで投げた」強気のピッチングでアウトを積み重ねれば、守備では山田がファインプレーで盛り立てると、小川は6回を投げて2失点。チーム初勝利をリリーフに託す。

7回、清水昇投手(23)が2死二・三塁で一発逆転のピンチを招くが平田良介外野手(32)を三ゴロに抑えて、逃げ切ったヤクルト。「選手がよく頑張ってくれた」と高津臣吾新監督(51)が嬉しい初勝利を手にした。