NEWケンブリッジ飛鳥 大会新10秒22 圧巻の走りで復活V!ヒゲ効果については...

その他

2020.7.25


24日行われた陸上の東京選手権100m決勝。リオ五輪銀メダリストのケンブリッジ飛鳥がその実力をいかんなく発揮した。

前日の予選で10秒29(追い風0.3)の大会新記録を出した勢いそのままに、きょうの準決勝では10秒26(向かい風0.3)、決勝では10秒22(向かい風0.8)とラウンドが上がるごとにタイムを上げていった。

vlcsnap-2020-07-25-09h51m30s500.jpg

レース後、「どんな大会でも1位になることは嬉しい」と充実した様子、更に新たに蓄えたヒゲの効果について聞かれると「ヒゲのおかげだったら剃れないですね。生やしたままにするかは考え中なので、もしかしたら次の試合ではないかも...」と取材陣の笑いを誘い大会を締めた。次のケンブリッジの姿にも注目だ。