紀平梨花 氷上片手側転成功!「満足しています」<全日本フィギュア>

その他

2020.12.26

aflo_150838011.jpg
紀平梨花 写真:森田直樹/アフロスポーツ

 フィギュアスケート全日本選手権が25日、長野市若里のビッグハットで開幕。女子シングルショートプログラム(SP)が行われ、およそ10カ月ぶりの実戦となった、連覇を狙う前年女王の紀平梨花(18=トヨタ自動車)が新しいショートプログラムを披露。

 紀平の代名詞トリプルアクセルを危なげなく着氷させると、本人も見せ場と語っていた氷上での片手側転を見事に成功させるなど、終始安定した演技で79.34点をマークし首位発進。

「ドキドキしたけどすごくいい演技ができました。80点超えたいと思っていたので、まずまずの点数で満足しています」と笑顔を見せた紀平、フリーでの4回転挑戦に注目が集まる。