大野将平 五輪連覇!「私の柔道人生は続いていく」柔道男子は3日連続で金メダル【五輪柔道】

柔道

2021.7.26

CHI_2530.JPG
9分26秒の激闘を制して五輪連覇を成し遂げた大野将平 Photo:Itaru Chiba

◆東京五輪 柔道男子73キロ級(26日・日本武道館)

26日、東京五輪の柔道3日目は、男子73キロ級大野将平(旭化成)が決勝でシャフダトゥアシビリ(ジョージア)を9分26秒の激闘を制し、金メダルを獲得。リオ大会に続き五輪連覇を成し遂げた。

柔道日本代表で五輪連覇を成し遂げているのは斉藤仁、野村忠宏(三連覇)、谷亮子、内柴正人、谷本歩実、上野雅恵の6人。史上7人目の快挙となった。

大野将平 試合後インタビュー

ありがとうございました。リオ五輪を終えて苦しくて辛い日々を凝縮したようなそんな一日の戦いでした。

私も29歳となってベテランと呼ばれるところになったのですが、武道の聖地日本武道館で試合できることも少なくなってきているのは理解していたので、この景色を目に焼き付けておこうと思って天井を見ました。

自分の中で悲観的な思いしかなくて、不安でいっぱいの日々を昨年から過ごしていたのですが、一日で報われたと思っていませんし、私の柔道人生はこれからも続いていくので、今後も自分を倒す稽古を継続してやっていきたいです。

後半は厳しい戦いが続いて、オリンピックという場で理想を体現することの難しさを体験しましたし、まだまだだなと思いました。

柔道人生歩んできた道が講道学舎、天理大学、前回の東京オリンピックと縁と運命を感じることのできる人生だったので、それが一番のモチベーションとなって一年の延期を乗り越えられたと思います。

(五輪開催に)賛否両論があることは理解しています。アスリートの姿を見て、何か心が動く瞬間があれば光栄に思います。この後、男女混同団体がありますので気を引き締めて取り組みたいと思います。

大野金.jpg
大野将平 Photo:Itaru Chiba