世界の女子サッカーは進化 日本は世界トップに返り咲けるのか【五輪女子サッカー】

サッカー

2021.7.31

GettyImages-1331451069.jpg
なでしこジャパン 準々決勝敗退 Photo by Maja Hitij/Getty Images

 サッカー日本女子代表のなでしこジャパンは、準優勝した2012年ロンドン大会以来2大会ぶりの出場となる東京オリンピックで初の金メダル獲得を目指したが、7月30日に埼玉スタジアムで行われた準々決勝でスウェーデンに1-3で敗れて敗退。世界トップチームとのギャップを痛感させられた大会となった。

 3日前のグループステージ最終戦でチリに勝利してようやく今大会の初勝利を手にし、なんとかE組3位で8強に進出したなでしこジャパンだったが、その先に進む力はなかった。

スウェーデンは今大会初戦で優勝候補のアメリカに3-0と快勝してG組を3戦全勝の1位で勝ち上がり、グループステージ3戦目を休んでリフレッシュした主力が、この試合の立ち上がりから勢いのある攻撃を展開した。

 世界の女子サッカーは進化している。世界ランク1位でW杯優勝4回のアメリカですら、安泰ではない。他会場で行われた準々決勝で、アメリカが世界ランク4位のオランダに大苦戦。

2019年W杯決勝の再戦となった顔合わせで2-2の延長後にPK戦にもつれ込み、GKアリッサ・ネイハー選手が2本をブロック。後半のオランダのPK阻止と合わせての大活躍で、アメリカがPK戦4-2で辛くも勝利を手にした。

アメリカは踏ん張りどころを逃さない、したたかな強さが健在で、一方のオランダは2019年準優勝で得た自信を加えて、この2年でさらに進化を遂げた。

 また、カナダ(8位)もブラジル(7位)に延長0-0の末にPK戦を4-3で競り勝ち、2023年にニュージーランドと女子W杯を共催するオーストラリアは、イギリスに延長戦で4-3として接戦を制した。

 この結果、8月2日の準決勝では、日本に勝ったスウェーデンがオーストラリアと、アメリカはカナダと対戦することになった。

高倉監督は、「女子サッカー自体がすごい速度で進化を遂げている。日本もレベルアップはしているが、それ以上に世界の進化がある。自分たちの武器以上の何かを持たなければいけないかと思う」と話した。

次の五輪は2024年、その前年にはW杯もある。世界トップに返り咲けるか。今大会の経験は無駄にはできない。


文:木ノ原句望