4強進出のU-24日本代表、延長PK戦で見せた粘り強さ【五輪サッカー】

サッカー

2021.8.1

GettyImages-1331617948.jpg
PK戦を制した日本代表 Photo by Atsushi Tomura/Getty Images

 U-24日本代表が7月31日の東京オリンピック男子サッカーの準々決勝でニュージーランドとの0-0の延長の末にPK戦を4-2で制して、2大会ぶりの4強進出を決めた。

得点を奪えない苦しい戦いを粘り強い守備でしのぎ、GK谷晃生選手(湘南)がPK戦で相手キックを止める活躍を披露。チームは逞しさを見せて、目標とする金メダル獲得へ一歩前進した。

 自分たちのリズムでプレーできない、望むような展開にならない。ほとんどの試合でそういう時間帯はある。そこでどうプレーするか。チームの力量が試される場面の一つだ。

 茨城のカシマスタジアムで行われた準々決勝で、日本はニュージーランドに苦戦した。だが、暑さの中での中2日の連戦からくる疲れも見える中、最後まで集中を切らすことなく、冷静なプレーを続けて勝利を呼び込んだ。

 フル代表が対象のFIFAランキングでは日本の28位に対して122位のニュージーランドだが、今大会では初戦で韓国を1-0で破り、ホンジュラスに2-3、ルーマニアに0-0で初の決勝トーナメント進出を決めたニュージーランドは、日本戦でもハードな戦いを見せた。

ニュージーランドは前からプレッシャーをかけ、ゴール周りも5バックで人数をかけて守る。

組織的でファウルも厭わずに寄せてくるハードな守備で、日本の良さを消してきた。グループステージ3戦全てで得点を挙げているMF久保建英選手(レアル・マドリード)にはマークがつき、速いペースでの攻撃のリズムを出せない展開が続いた。

 それでも、試合序盤には久保選手のパスを受けたFW林大地選手(鳥栖)が中へ折り返し、ファーサイドに顔を出したMF遠藤航選手(シュツットガルト)がダイレクトで合わせて狙い、前半30分過ぎには久保選手の右サイドからのクロスや、左サイドでのコンビネーションでペナルティエリア深くに入ったMF相馬勇紀選手(名古屋)の折り返しに、MF堂安律選手(PSV)が合わせる場面を作ったが、どれも枠を捉えることができなかった。

 攻撃を活かせない苦しい展開に日本は守備を徹底。

高さのあるFWクリス・ウッド選手に合わせて一発を狙い、後半早々にセンターバックの負傷交代を機にフォーメーションを4バックに変更して攻勢を強めたニュージーランドに、日本は押し込まれる展開になったが、「僕たちはタフな試合になると想像していたので気持ちの準備はしていた」というDF吉田麻也選手(サンプドリア)が率いる最終ラインとGK谷選手を中心に、粘り強く冷静に対応した。

 ゴールを探る手立ては打った。後半半ばにはFW上田綺世選手(鹿島)とDF中山雄太選手(ズヴォレ)を投入。左サイドバックで先発したDF旗手玲央選手(川崎)を左アウトサイドにシフトした。

その旗手選手が後半30分過ぎに、累積警告で出場停止のDF酒井宏樹選手(浦和)に代わって今大会初先発したDF橋岡大樹選手(浦和)のクロスにヘディングでゴールを脅かし、後半37分には堂安選手の右サイドからの中への折り返しを受けた上田選手が合わせる決定的な場面を作ったが、相手GKに止められた。

 0-0で延長に入った後も、日本は相手ゴールに迫る場面を作りながら得点を奪えず、延長のハーフタイム前後には相手にペナルティエリアに入られて危ない場面も作られたが、吉田選手やDF冨安健洋選手(ボローニャ)がブロックするなど、最後までタフな守備を貫いた。
 そしてニュージーランド先攻で進んだPK戦。自ら手を挙げた上田選手をはじめ、立候補制で決まったという日本のキッカーらは自信と冷静さがうかがえる表情でPKスポットへ進み、1番手の上田選手が決めると、ニュージーランド2番手のキックをGK谷選手がブロック。

日本2番手のDF板倉滉選手(フローニンゲン)が成功させてプレッシャーをかけると、ニュージーランド3番手はクロスバーの上に外した。

日本はその直後に3番点の中山選手が決め、さらに4番手の吉田選手もゴール左隅に冷静に蹴り込んで4-2で勝利を掴みとった。

今大会、冷静で安定したプレーを見せている谷選手は、相手のキック1本を止めたPK戦を終えて「タイミングもばっちり合った。よかった」と安堵の笑みを見せた。

PK戦の前には、日本代表で活躍した川口能活GKコーチに相手キッカーの情報を書いた紙を見せられたそうだが、最後は「お前の判断で、お前が自信を持ってやれば止められる。ヒーローになって来い」と送り出されたことを明かした。

20歳の大阪育ちのGKは「120分、難しいゲームになったが、守備がセロで終われことがPKでの勝ちにつながったと思う」と話した。

文:木ノ原句望