サッカーW杯最終予選 守田英正 中国戦へ「ピリッとさせたい。次は絶対に勝たなくてはいけない」

サッカー

2021.9.7

GettyImages-1323599455.jpg
守田英正 Photo by Masashi Hara/Getty Images

 来年カタールで行われるサッカーのワールドカップ(W杯)の出場権を懸けたアジア最終予選が9月2日に開始。日本代表はホームでの初戦でオマーン代表に敗れ、まさかの2大会連続での黒星スタートでいきなり苦境に立たされた。

 初戦を終えて、日本はB組4位でのスタートとなった。首位は中国を3-0で下したオーストラリア、2位がベトナムに3-1で勝ったサウジアラビアで、3位はオマーン。

ベトナムが5位、次に日本が対戦する中国は6位だ。W杯出場権獲得には、各組上位2位までに入らなければならない。3位の場合はA組3位とプレーオフを戦い、勝者が残り1枠をかけて大陸間プレーオフに進む。

日本はオーバーワークの懸念があるDF酒井宏樹選手(浦和)と、初戦を前に足を傷めたMF南野拓実選手(リバプール)が離脱。代わりに、今季からフランスでプレーしているFWオナイウ阿道選手(トゥールーズ)とDF昌子源選手(ガンバ大阪)が追加招集された。

オナイウ選手は6月に行われた2次予選のキルギス戦で、6分間でハットトリックを達成。

今回も、前線での鋭い動きや得点力が期待されているが、「自分のチームで試合に出ながらしっかり準備できている。今までやってきたことをやることが勝ちにつながる。自分らしさを出せればいい」と気負いは見られない。

また、オマーン戦は移籍手続きの都合で不在だったDF冨安健洋選手(アーセナル)と、所属クラブでの試合時間の都合でオマーン戦に間に合わなかったMF守田英正選手(サンタ・クララ)がドーハで合流し、出場に意欲を見せている。

冨安選手は、「チャレンジしてアグレッシブにプレーすることが大事。いつもやっていることをやれれば日本は勝てる」と言い、守田選手は「ピリッとさせたい。次は絶対に勝たなくてはいけない状況になった。自分が入って雰囲気をいいものにしたい」と意気込んでいる。

吉田選手は、「みんなの意識が変わった。練習でも暑い中で積極的にトライしていた。本来はこれがスタンダード。今はいい状況に戻っているし、雰囲気は良くなっている」とチームの変化に言及した。

そして日本代表キャプテンは、こう続けた。

「この2戦目から確実にギアを上げて、自分たち本来の姿を取り戻して勝点3を奪わなくてはいけない。僕は十分巻き返せると思っているし、必ず巻き返す気持ちでいる。勝つだけです。」


取材・文:木ノ原句望