NEWS新着情報

2016.11.18

石川佳純3回戦進出、伊藤美誠が2回戦で敗れる。【卓球・スウェーデンOP】

浜本由惟 写真:アフロ

 11月18日(金)卓球・ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン 大会4日目、女子シングルス1回戦に日本のエース・石川佳純(全農)が登場。リオ五輪後、久しぶりに合流したワールドツアーの初戦は、スロベニアのトドロビッチに4-1で勝利。

 続く2回戦では長身カットマンの橋本帆乃香(四天王寺高校)との対戦でフルゲームにもつれ込んだ末、エースの貫禄で格下の橋本を封じ込めた。ちなみに橋本は世界ランキング45位、対する石川は6位で日本人および今大会出場選手の中で最高位につけている。

 前週のオーストリアOPで優勝した世界ランキング11位の伊藤美誠(スターツSC )は1回戦でLIN Chia-Chih(台湾)を4-1で下したが、続く2回戦で加藤杏華(十六銀行)に2-4で敗れる波乱があった。加藤といえば今年の全日本選手権で"台風の目"になった選手だ。6回戦で福原愛(ANA)と対戦し、0-3でリードされてから大逆転を演じて会場をあっと言わせた。結局、準決勝まで勝ち進んだ加藤は今大会で3位入賞を果たしている。

 その他、日本勢は森園美咲(日立化成)、石垣優香(日本生命)、加藤美優(礼武道場)、浜本由惟(エリートアカデミー/大原学園)が3回戦に進出。また、優勝候補の一角である台湾の鄭怡静 (テイ・イセイ)、ドイツのハン・インらも順当に勝ち上がっている。

 男子はリオ五輪代表組の丹羽孝希(明治大)が地元スウェーデンのノルドバーグを4-1で下し2回戦へ。その2回戦ではインドのアチャンタにストレートで快勝した。一方、同じくリオ五輪組の吉村真晴(名古屋ダイハツ)は英国のマクビースに2-4で敗れ1回戦敗退。しかし、丹羽とのダブルスは1回戦をストレート勝ちし、2回戦へ進んでいる。

 また、オーストリアOPでワールドツアー初優勝を遂げた松平健太も3回戦進出。他に大島祐哉(ファースト)と上田仁(協和発酵キリン)も3回戦に駒を進めた。

 なお、女子ダブルスはオーストリアOPで優勝した橋本・佐藤瞳(ミキハウス)ペア、準優勝の早田ひな(希望が丘高校)・加藤美ペアが2回戦へ進んだ。

  • 1

この記事を共有する

関連ワード

最新記事