日本代表枠は男女各3名!
シングルスの出場権は世界ランク上位2名

日本代表枠は男女各3名!
シングルスの出場権は世界ランク上位2名

いよいよ来年に迫った東京2020。卓球競技は、2020年7月25日(土)~8月7日(金)にかけて行われ、男女シングルス、男女団体(3選手で戦うチーム戦)、そして今大会から初採用となるミックスダブルスの5種目で熱戦が繰り広げられる。

いよいよ来年に迫った東京2020。卓球競技は、2020年7月25日(土)~8月7日(金)にかけて行われ、男女シングルス、男女団体(3選手で戦うチーム戦)、そして今大会から初採用となるミックスダブルスの5種目で熱戦が繰り広げられる。

世界ランク 決定方法

各大会のポイントは12カ月間有効で、例外として世界卓球、ワールドカップ、ワールドツアー・グランドファイナル、大陸選手権、大陸杯のポイントは次回の開催まで有効。各選手毎、有効期間内で成績の良い方(ポイントが高い方)から8大会分のポイントが合計され、それによってシニアの世界ランクが決まる

各大会のポイントは12カ月間有効で、例外として世界卓球、ワールドカップ、ワールドツアー・グランドファイナル、大陸選手権、大陸杯のポイントは次回の開催まで有効。各選手毎、有効期間内で成績の良い方(ポイントが高い方)から8大会分のポイントが合計され、それによってシニアの世界ランクが決まる

世界ランク※2020年1月発表時の有効ポイント
2019.12.9 更新

世界ランク※2020年1月発表時の有効ポイント
2019.12.9 更新

女子は伊藤がシングルス代表確実。女子の2番手争いは石川と平野の一騎打ち

11月12日~17日に行われたITTFワールドツアー・オーストリアオープンで伊藤美誠(スターツ)が今シーズン初優勝を果たしてポイントを加算。この段階であとを追う石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)が残りの大会で全部優勝したとしても、伊藤のポイントを抜くことができなくなり、伊藤の代表一番乗りが決まった。T2ダイヤモンド<シンガポール・11月21日(木)~24日(日)>では準優勝を果たして800ポイントを加算している。

一方、まだ行方がわからないのが石川と平野による2番手争い。代表選考に直接関係する2020年1月時点で有効なポイントの合計点では、ノースアメリカンオープンで優勝した石川佳純が200ポイントを加算して【10830】になり平野美宇【10695】を土壇場で逆転。135ポイントのリード。とはいえ、その差はわずかであり、グランドファイナルの結果次第では平野が再び逆転する可能性も十分にある。

男子は張本が確実。丹羽vs水谷の熾烈な争い

一方の男子は、団体メンバー選考も含めて、女子よりも複雑な状況になっている。まず日本男子のトップを走る張本智和(木下グループ)は、女子の伊藤と同様にオーストリアオープン後にシングルス代表入りが確実。その後のT2ダイヤモンドでも日本人最高の3位入賞でポイントを加算。男子ワールドカップでも日本初の銀メダルを獲得してポイントを【12465】までのばしている。

シングルスの残り1枠を争うのは、丹羽孝希(スヴェンソン)と水谷隼(木下グループ)。両者の有効ポイントは、男子ワールドカップでベスト8の丹羽孝希が【9420】で水谷隼【8925】を逆転。残り1枠のシングルス代表の座に大きく近づいた。

残りの2大会では水谷がグランドファイナルに出場予定。また丹羽は、あと一人欠場者が出れば、グランドファイナルへの繰り上げ出場の可能性も残されている。水谷が丹羽を逆転するには、グランドファイナルで上位に入るしか道がない。


■最新の世界ランク一覧はこちら

男子 女子
1
張本 智和12,465 Pts.
伊藤 美誠14,310 Pts.
2
丹羽 孝希9,420 Pts.
石川 佳純10,830 Pts.
3
水谷 隼8,925 Pts.
平野 美宇10,695 Pts.
4
森薗 政崇5,195 Pts.
佐藤 瞳7,995 Pts.
5
神 巧也5,055 Pts.
加藤 美優7,545 Pts.

東京2020 日本代表候補 選考基準

まず、2020年1月発表の世界ランク日本選手上位2名がシングルスの代表権を獲得。そして団体要員となる3人目は、団体での活躍が期待できる選手1名を強化本部が選出する。 ミックスダブルスに出場するのは1組のみで、代表選手男女各3名の中から最も良いと思われるペアリングを強化本部が決めることになっている。

1.シングルス代表候補選手 2名
2020年1月発表の世界ランキング日本人上位2名をJOCに推薦。
※上位1位の世界ランキングポイントが3名以上、若しくは2位の選手が2名以上重複した場合は、以下の順序で上位を決定する。

(1)ワールドツアー等の優勝回数を評価(〇内の数字は優先順位)

※2019年1月1日~12月31日までの期間を評価
※①世界卓球 ②ワールドカップ ③ワールドツアーグランドファイナル ④ワールドツアープラチナ6 大会

(2)世界ランキング30位以内(日本人選手、同一選手含む)に勝利した回数
(3)該当する選手間で最終決定戦を行う。(詳細は後日決定)

2.団体戦代表候補選手 1名
上記1.の代表候補選手とダブルスが組め、団体戦でシングルス及びダブルスにて活躍が期待できる選手1名を、強化本部が決定し理事会に報告及びJOCに推薦。

3.混合ダブルス代表候補選手男女各 1名
上記1.2.代表候補男女各3名の選手の中で、最高のペアリングと思われる混合ダブルスペア1組を、強化本部が決定し理事会に報告及びJOCに推薦。なお、日本は開催地枠として全種目のエントリーが保障されており、予選で出場資格を獲得する必要がない。従って、混合ダブルスベスト4に代表資格が発生する予定である。2019年12月ITTFワールドツアーグランドファイナルについては、混合ダブルスの代表候補選手選出の対象大会としない。

※ベスト4に入ったペアは、所属NFならびに所属NOCが承認するまで代表ではなく、所属NFと所属NOCに最終的な決定権があることはITTFと確認済みである。

4.リザーブ候補選手1名
日本がメダルを獲得するために必要なダブルス及びシングルスでの国際競争力を持ち合わせている者1名を、強化本部が決定し理事会に報告及びJOCに推薦。リザーブ選手の発表時期はJOCへのエントリー期限直前とする。

5.補足基準
代表候補選手及びリザーブ候補選手が故障等で大会参加が不能となった場合、その代替候補選手は、強化本部が決定し理事会に報告及びJOCに推薦。

各国際大会ポイント表

世界ランクは、オリンピックや世界卓球、各地で行われるITTFワールドツアーなど、世界ランクに関わる国際大会で獲得するランキングポイントによって決められる。

獲得ポイントは、大会のカテゴリーや成績によって異なり、グレードの高い大会で上位の成績になるほどポイントが大きくなる(下記参照)。獲得したポイントは12カ月間有効で、12カ月を過ぎると消失。ただし、世界卓球、ワールドカップ、ワールドツアー・グランドファイナル、大陸選手権、大陸カップのポイントは、同大会の次開催まで有効。

そして各選手の獲得ポイントの中で、ポイントの高い上位8大会の合計を集計し、ポイントの高い順から世界ランクが決められる。

五輪 世界卓球 ワールドカップ
優勝 3000 3000 2550
準優勝 2550 2550 1915
3位 1950 1950
ベスト4
1660
4位 1800 1530
ベスト8 1500 1500 1275
ベスト16 1200 1200 1020
ベスト32 900 900 765
2回戦 600 600
1回戦 450 450
予選 300
ワールドツアー グランドファイナル プラチナ レギュラー
優勝 2550 2250 1800
準優勝 2040 1800 1440
ベスト4 1660 1465 1170
ベスト8 1275 1125 900
ベスト16 1020 900 720
ベスト32 675 540
ワールドツアー チャレンジプラス チャレンジ
優勝 1100 850
準優勝 880 680
ベスト4 715 555
ベスト8 550 425
ベスト16 440 340
ベスト32 330 255
T2ダイヤモンド ※ボーナスポイント
優勝 1000
準優勝 800
3位 700
4位 600
ベスト8 500
ベスト16 400
※T2ダイヤモンドは、ワールドツアーの成績上位選手を主とした男女各16名が出場できる大会。T2ダイヤモンドでの獲得ポイントは、世界ランクを決める上位8大会とは別にボーナスとして加算される。世界ランクを上げるうえでT2ダイヤモンドに出場できるかどうかが大きな意味を持ってくる。
アジア選手権&アジアカップ
優勝 1800
準優勝 1350
3位(ベスト4) 1170
4位 1080
5位(ベスト8) 900
6位 855
7位 810
8位 765
ベスト16 720
ベスト32 540
ベスト64 360
ベスト128 270
団体戦1勝
五輪 250
世界卓球 250
ワールドカップ団体戦 250
アジア選手権 180

今後の主な大会スケジュール
ポイントが付与される大会

開催期間 大会名 放送 配信
9.10~14 【チャレンジプラス】パラグアイオープン
9.15~22アジア卓球選手権大会
10.1~6【WT】スウェーデンオープンLIVE
10.8~13【WTプラチナ】ドイツオープン BSテレ東LIVE
10.16~20【チャレンジ】ポーランドオープン
10.18~20女子ワールドカップ BSテレ東LIVE
10.30~11.3【チャレンジ】ベラルーシオープン
11.6~10卓球ワールドカップ団体戦テレビ東京LIVE
BSテレ東
11.12~17【WTプラチナ】オーストリアオープンLIVE
11.13~17【チャレンジ】インドネシアオープン
11.21~11.24T2ダイヤモンド シンガポールBSテレ東LIVE
11.29~12.1男子ワールドカップBSテレ東LIVE
12.4~8 【チャレンジプラス】ノースアメリカンオープンLIVE
12.12~15グランドファイナルテレビ東京LIVE
BSテレ東

ページトップに戻る