NEWS新着情報

2017.10.21

【選手情報】日本の至宝「水谷隼」

水谷隼/Jun Mizutani (JPN)

水谷 隼(みずたに じゅん)
生年月日:1989年06月09日
出身地:静岡県磐田市
所属:木下グループ
戦型:左シェーク両面裏ソフトドライブ型

【選手プロフィール】
静岡県磐田市の出身で、5歳で卓球を始める。もともと利き手は右だったが、両親が卓球での優位性を考え、左でプレーするように矯正した。幼少時から天才少年の呼び声高く、全日本選手権のバンビ・カブ・ホープスの各年代で優勝。ドイツ・ブンデスリーガでの卓球修行によってその才能を磨き、05年世界卓球では当時世界ランク8位の荘智淵(チャイニーズタイペイ)を破って世界に衝撃を与えた。

09年世界卓球では、岸川聖也と組んだダブルスで銅メダルを獲得している。全日本選手権では史上最年少の17歳7カ月で優勝した06年度大会から11年連続で決勝進出。今年、史上最多9度目の優勝を果たす。若くして日本男子の第一人者の地位を築いた1人。(卓球王国より)

【プレースタイル】
プレー領域を選ばないオールラウンダー。対戦相手の位置取りと動きを視野に入れ、瞬時にコースや回転を変える特別な「眼」を持っている。前陣での正確なブロックで強打をシャットアウトし、中陣に下がれば相手の攻撃を包み込んでしまうような、フィッシュからの反撃を決める。多彩な変化サービスからの3球目攻撃の威力と決定率がアップしたことで、国際大会でも安定した成績を残せるようになった。(卓球王国より)

  • 1

この記事を共有する

関連ワード