NEWS新着情報

2017.11.21

中国破り優勝の伊藤・早田組 勝因に「感情のコントロール」【スウェーデンOP】

伊藤美誠(右)/早田ひな(左)写真:アフロ

 優勝の瞬間、二人は思わず抱き合った。ぴょんぴょん跳ねて喜んだのは、試合中、終始冷静な伊藤美誠(スターツSC)の方だった。

 19日に行われたITTFワールドツアー最終戦スウェーデンオープンの女子ダブルス決勝で、「みまひな」こと伊藤と早田ひな(日本生命)の女子高生コンビがツアー2勝目を挙げた。結成からわずか9カ月。これまでにも世界卓球ドイツ大会の銅メダルやチェコオープン優勝など抜群のコンビネーションを発揮してきた二人だが、今回は王者中国の朱雨玲/陳夢という世界ランク1、2位ペアをゲームカウント3-1で撃破する圧勝だった。


【神プレイ 】卓球・スウェーデンOP 丹羽孝希 スーパーゼロカウンター


「私たちペアを組んでから中国人選手に勝ったことがなくて、でも今回、中国のトップ選手に勝つことができて、しかもこれまでで一番いい試合だった。試合が終わった後、お互いに『最高だったよね!』って話しました」

 そう興奮気味に話す伊藤のかたわらで、いつになく落ち着いた様子の早田は勝因に「緊張と感情のコントロール」を挙げている。

「今日は試合前から絶対緊張しないようにと思って臨んだ。(優勝した)チェコオープンの決勝で相手の世界ランクがちょっと下で、普通に行けば自分たちが勝てるはずという気持ちが緊張だったり力みだったりになってしまった。それで競り合いになった時、二人とも何もできなくなって、最後は精神的にしのいだという反省があった。あと今回は相手を中国人選手だと思わないようにした。そうしたら中国人選手のボールにも全然動揺せず、自分のいいプレーを出すことができた」

伊藤美誠(右)/早田ひな(左)写真:アフロ


 さらに早田はこう続ける。

「中国人選手に勝つんだという思いが強すぎると、大事なポイント、例えば今日の試合でいうとゲームカウント2-1の9-8という、ここ1本の場面で、どうしても感情が前面に出てしまう。感情的になると興奮しすぎてサインとかも考えられなくなっちゃうので、自分を抑えるように努めた。声も序盤は出していかないと調子が上がらないタイプなのでしっかり出したけれども、終盤は出さずに感情を抑える感じだった」


【動画】卓球・スウェーデンOP 女子ダブルス優勝「みまひな」インタビュー

 振り返れば、結成3カ月で挑んだ世界卓球ドイツ大会では、伊藤が早田に試合中、「声出しすぎ。落ち着いて」などと釘を刺す場面も見られた。それが早田のそもそものスタイルなのだが、伊藤とペアを組んでからというもの早田自身も声の出しすぎで集中力を欠いていたことに気づき改善に努めてきた。

 だが、今回に関して言えば、興奮していたのは伊藤の方。「勝ったからというより、いい試合ができて、それが一番興奮した」と喜びを爆発させていた。

 2人の次戦は12月14日に開幕するグランドファイナル<カザフスタン/17日決勝>。ワールドツアー上位選手のみに出場を許されるハイレベルな舞台で優勝を目指す。ちなみに早田は昨年の同大会、浜本由惟(日本生命)とのペアで優勝しており、今年は伊藤とのペアで2連覇を狙う。

(文=高樹ミナ)

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事