NEWS新着情報

2017.12.21

世界卓球2018スウェーデン(団体)男女日本代表選考基準

左から大島祐哉、張本智和、伊藤美誠、早田ひな

 世界卓球2018スウェーデン(団体)日本代表選考会が宮城県:宮城野体育館(元気フィールド仙台)で12月23日~24日に開催される。優勝者は2018年(4月29日~5月6日)に開催される世界卓球の代表に内定する。男女それぞれ2017年10月発表世界ランク順位日本人1位~5位、(ただし12月発表の世界ランク順位で日本人最上位の選手は代表に内定されるため、最上位の選手を除く)の4名と第1次選考会の通過者8名の計12名が代表の座をかけて戦う。男女代表の選考方法は下記の通り。


「世界卓球2018 日本代表最終選考会」出場選手


■世界卓球2018男女代表の選考方法
代表選手の人数は5名とし、以下の基準を満たした者の中から選出する。
 ①.2017年12月発表世界ランク順位最上位選手
 ②.平成29年度全日本卓球選手権大会シングルス優勝者
 ③.世界卓球2018日本代表最終選考会の優勝者
 ④.2017年1月から2017年12月までの主要国際大会(世界卓球、アジア選手権、ユニバーシアード、アジアカップ、ワールドカップ、アジアジュニア、世界ジュニア、ワールドチームカップ、ワールドツアープラチナ、ワールドツアー、ワールドツアーグランドファイナル、チャレンジシリーズ)において世界ランク順位3位以内の中国選手に1度以上勝利した選手の中から最大1名
  ※重複した場合は強化本部にて選出
  ※棄権勝ちは含まない
 ⑤.2017年1月から2017年12月までの主要国際大会(同上)において世界ランク順位30位以内の日本人選手以外の選手に6度以上勝利した選手の中から最大1名
  ※重複した場合は強化本部にて選出
  ※棄権勝ちは含まない
 ⑥.上記①~⑤により選出された人数が、同一選手が重複して選出されるなどして5名に満たない場合は、次の2点を勘案し強化本部にて選出する。
  ・2017年1月以降の主要国際大会の実績を内容の評価
  ・国際競争力向上への高い潜在性があるかと思われる選手の評価

※補足基準
代表決定者が故障などで参加が不能となった場合、次の2点を勘案し強化本部にて選出する。
 ・2017年1月以降の主要国際大会の実績を内容の評価
 ・国際競争力向上への高い潜在性があるかと思われる選手の評価

なお、他国の協会から日本卓球協会へ登録を移籍した選手は、国際卓球連盟の定める世界卓球出場資格要件を満たしていることが、選考の前提条件となる。

■日本卓球協会「2018世界選手権ハルムスタッド大会(団体戦)男女日本代表選手選考基準」参照

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事