NEWS新着情報

2018.02.18

卓球チームワールドカップ 女子ダブルスは全日本優勝の「みまひな」ペアが濃厚

伊藤美誠/早田ひな Photo:Itaru Chiba

 2月22日にイギリス・ロンドンで開幕する卓球ワールドカップの団体戦「チームワールドカップ2018」<2月25日・決勝>に先駆け、日本代表メンバー男女8人が東京都北区にある味の素ナショナルトレーニングセンターで記者会見に臨み、それぞれ意気込みを語った。

【卓球チームワールドカップ2018】ニュース・放送スケジュールなど随時更新中

 その中で誰もが口にした今大会の一番の鍵は「ダブルス」だ。ITTF(国際卓球連盟)は、やはり団体戦で行われる五輪の新システムをテストするため、従来シングルス2試合の後だったダブルスを1試合目に移行する方式を採用。この決定を受け、日本代表チームの事前強化合宿でも、いつも以上にダブルス練習が重視され、1番手のダブルスで勝って良い流れを作ろうとチームの中で意思統一を図った。

 ちなみに試合はダブルス1試合、シングルス最大4試合の計5試合で行われ、3試合先取したチームが勝ち。1試合は11点制の5ゲームマッチで行われる。

 女子は「みまひな」こと伊藤/早田のダブルスが1番手で出て行く可能性が濃厚だ。味の素ナショナルトレーニングセンターで行われている事前強化合宿で「毎日ダブルス練習をしている」と言う伊藤は、対中国戦を想定し、「大きく揺さぶられた時にどう対処するかをたくさん練習している」と話す。早田も「自分は左利きでフォア前を狙われるので、その対策をしている。さらに次はどこを狙われるかをどんどん見つけて、バック前やチキータに散らされた時の対応も練習している」と、課題に基づいた練習内容の一部を明かした。

 伊藤/早田ペアといえば、2017年11月のワールドツアー・スウェーデンオープンで中国の朱雨玲/陳夢という、当時世界ランク1、2位のペアを倒し優勝する大金星を挙げている。そのため早田は「中国人ペアに1回勝っているので、そこは自信を持っていける。1-0で次の人(2番手のシングルス)につなげられれば流れが良くなる。ダブルスが重要」と闘志をみなぎらせた。

 一方、意外にもこれが世界大会の代表デビューとなる平野は最近、熱を出したということだが、すでに快方へ向かっており、「(本番が)本当に楽しみ。少しでもチームに貢献できるよう頑張りたい」とコメント。大会期間中の23日に誕生日を迎える石川は豊富な団体戦の経験から、「個人戦と団体戦では、また違う雰囲気だったり流れだったりがある。一戦一戦、挑戦者として相手にぶつかっていくことが大事」と語り、必ずや決勝に勝ち進んで対戦相手となるであろうライバルの中国を倒して優勝することを誓った。

<日本代表女子メンバー>
石川佳純(全農)WR4位 24歳 5回目
伊藤美誠(スターツSC)WR6位 17歳 初出場
平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)WR7位 17歳 初出場
早田ひな(日本生命)WR14位 17歳 初出場
※石川は大会期間中の2月23日に誕生日を迎え25歳になる

<チームワールドカップ2018>
●日程:2018年2月22日(木)~25日(日)
●会場:英国ロンドン/カッパー・ボックスアリーナ
●参加国:男女各12カ国
●賞金:総額27万ドル(約2,876万円)/優勝5万ドル(約543万円)
●出場国:
男子:中国、日本、ドイツ、香港、韓国、スウェーデン、フランス、ブラジル、イングランド、エジプト、アメリカ、オーストラリア
女子:日本、中国、香港、台湾、ルーマニア、シンガポール、ブラジル、エジプト、北朝鮮、アメリカ、オーストラリア、イングランド
●放送情報:テレビ東京系列・BSジャパンで連日放送

(文=高樹ミナ)

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード