NEWS新着情報

2018.02.22

卓球チームW杯・さらなる進化を経て世界に挑む新女王「伊藤美誠」

伊藤美誠(スターツSC)

さらなる進化を経て世界に挑む新女王、伊藤美誠。

静岡県磐田市出身で、全日本選手権バンビの部、カブの部など、小学生時代から数々のタイトルを獲得。

一躍脚光を浴びたのは、中学1年の時。2014年3月のワールドツアー・ドイツオープンで、平野美宇と組んだ女子ダブルスでツアー初優勝。平野よりも誕生日が遅い伊藤が史上最年少記録を更新した。またその大会の優勝インタビューで優勝賞金額を聞き、驚いた表情を見せた2人の様子が広く報道されると、瞬く間に話題となり、13歳の「みうみま」ペアとして、卓球界のみならず一般にも広く知られる存在となった。


伊藤にとって飛躍の年になったのが2015年。1月に行われた全日本選手権のジュニアの部で優勝。一般でもベスト8入りを果たすと、その後国際大会でも快進撃が続いた。

3月のワールドツアー・ドイツオープンでは格上の選手を破って勝ち上がり史上最年少でツアー初優勝を果たすと、世界卓球蘇州大会(個人戦)でも史上最年少のベスト8入り。直後のベラルーシオープンでもツアー2勝目をあげた。


リオ五輪の代表選考でランキング上位の選手たちが熾烈な争いをしている中、代表権獲得の見込みが少ないと見られていた伊藤が38位から9位に一気にランクアップ。日本選手の3番手まで駆け上がり、リオ五輪日本代表3人目の切符を掴み取った。

翌2016年は、世界卓球クアラルンプール大会(団体戦)に主力として出場し銀メダル獲得に貢献すると、リオ五輪でも団体で銅メダルを獲得し、卓球種目の史上最年少メダリストとなった。そして今年1月の全日本選手権では、女子シングルス決勝で"みうみま"対決を制して初優勝。女子ダブルス、混合ダブルスも制して、史上最年少、17歳での3冠を達成した。


プレースタイルは、バック面に表ソフトラバーを貼る右シェーク異質速攻型。手先が器用で様々なテクニックを駆使できるうえに、小柄ながら高い攻撃力を誇る。ミート系の弾く打法は伊藤ならではのテクニックで、フォアハンドでカウンター気味に放つ「みまパンチ」が有名だ。

物怖じしない性格で、メンタルの強さにも定評がある。世界卓球クアラルンプール大会の準決勝、北朝鮮戦でリ・ミョンスンに逆転勝利をあげた一戦は、伊藤のメンタルの強さを物語る象徴的な試合だ。日本王者となりさならる自信を身に纏った今、伊藤が中国の壁を打ち砕けるのか注目が集まっている。

【卓球チームワールドカップ2018】日本戦全試合LIVE配信 放送スケジュールなど随時更新中

【伊藤美誠(MIMA ITO)】
生年月日:2000年10月21日
所属:スターツSC
出身地:静岡県
戦型:右シェークフォア裏ソフト・バック表ソフト前陣速攻型
【主な戦績】
2018年 全日本選手権 シングルス・ダブルス・混合ダブルス優勝
2017年 世界卓球 ダブルス銅メダル
2016年 リオ五輪 団体銅メダル
2016年 世界卓球 団体銀メダル

<チームワールドカップ2018>
日程:2018年2月22日(木)~25日(日)
会場:英国ロンドン/カッパー・ボックスアリーナ
参加国:男女各12カ国
賞金:総額27万ドル(約2,876万円)/優勝5万ドル(約543万円)
出場国:
男子:中国、日本、ドイツ、香港、韓国、スウェーデン、フランス、ブラジル、イングランド、エジプト、アメリカ、オーストラリア
女子:日本、中国、香港、台湾、ルーマニア、シンガポール、ブラジル、エジプト、北朝鮮、アメリカ、オーストラリア、イングランド
放送情報:テレビ東京系列・BSジャパンで連日放送
番組公式HP:/itwc/

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード