NEWS新着情報

2019.01.20

張本智和 大接戦の末に敗れて連覇ならず ベスト4敗退<卓球・全日本>

張本智和 Photo:Itaru Chiba


 天皇杯・皇后杯
平成30年度 全日本卓球選手権大会丸善インテックアリーナ大阪 1月14日(月)~20日(日)開催>20日(大会7日目 最終日)男子シングルス準決勝が行われ、大会連覇を狙う15歳の張本智和(JOCエリートアカデミー)が大島祐哉木下グループ)に3-4で敗れて準決勝敗退。

 得意のチキータを狙ってきた大島になかなかペースを握らせてもらえない張本は第1ゲームを8-11と先取され、第2ゲームも11-4で連取される。第3ゲームは主導権を取り返して11-1で奪い返す。第4ゲームは8-4から大島に7連続ポイントで逆転されて8-11で落としてあとがなくなる。第5ゲームは6-8から5連続ポイントで奪い返し11-8。その勢いのままに第6ゲームは11-4としてフルゲームに突入するも反撃もここまで。第7ゲームを9-11で落としてゲームカウント3-4で敗戦。大会連覇を狙った張本は無念のベスト4敗退となった。

大島祐哉 Photo:Itaru Chiba


試合後、張本は「第4ゲームで8-4から逆転されたのがイタかった。次が決勝戦ということもあって(この試合は)積極的にいけなかった」とコメントしうなだれた。

<男子シングルス準決勝>
張本智和 3-4 大島祐哉
8-11/4-11/11-1/8-11/11-8/11-4/9-11

  • 1

この記事を共有する

関連ワード

最新記事