NEWS新着情報

2019.04.26

【世界卓球】吉村・石川ペア 3大会連続の決勝進出!2大会連続Vの快挙へ

吉村真晴/石川佳純 Photo:Itaru Chiba


「世界卓球2019ハンガリー」<4月21~28日/ハンガリー・ブダペスト>25日の大会5日目は混合ダブルス準決勝が行われ、前回金メダルペアの吉村真晴(名古屋ダイハツ)/石川佳純(全農)は、フランツィスカ/P.ソルヤ(ドイツ)と対戦した。

1ゲーム目から吉村がレシーブからの強打を再三見せ、持ち前のアップダウンサービスも効かせてペアを引っ張る。石川も得意のフォアドライブを要所で決め、2ゲームを連取。

強豪ドイツペアのフランツィスカは一発でラリーを決めてしまう迫力を持つが、なかなかその大砲が火を噴く場面もない。ややミスの目立つソルヤが穴となり、得点パターンに持ち込めないのを尻目に、吉村は山なりのカットブロックを送ってミスを誘う心憎いシーンも披露して第3ゲームも奪取。

しかし第4ゲームはドイツペアのペース。これまで日本ペアを引っ張ってきた吉村がやや消極的になったところにラリー戦で上回り、1ゲームを返す。

吉村真晴/石川佳純 Photo:Itaru Chiba


だが第5ゲームにそれを引きずらないのが前回金メダルペアの強さ。吉村と石川の連続攻撃が炸裂し、最後は吉村のフォアハンドがサイドを切るノータッチエースに。日本の黄金コンビが、見事3大会連続の決勝進出を果たした。決勝は樊振東/丁寧ペア(中国)をストレートで破っている許キン/劉詩ブン ペア(中国)と対戦する。

試合後、大活躍の吉村に石川は「今日は吉村くんにありがとうと言いたいです」と感謝を表し、「(決勝の)中国戦では捨て身の連続攻撃がカギになる」と2大会連続金メダルへの決意を語った。

吉村真晴/石川佳純 Photo:Itaru Chiba


【世界卓球2019ハンガリー】
<混合ダブルス準決勝>
吉村真晴/石川佳純 4-1 フランツィスカ/P.ソルヤ(ドイツ)
11-9/11-6/11-6/5-11/11-6

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード