NEWS新着情報

2019.04.26

【世界卓球】日本が誇るカットペア 佐藤・橋本 涙のメダル「カットマンでもここまでこれた」

佐藤瞳/橋本帆乃香 Photo:Itaru Chiba


「世界卓球2019ハンガリー」<4月21~28日/ハンガリー・ブダペスト>25日の大会5日目は女子ダブルス準々決勝が行われ、日本が誇るカットペア・佐藤瞳/橋本帆乃香(ともにミキハウス)が鄭先知/劉馨尹(台湾)と対戦。

同門らしく息の合った2人は鉄壁のカットで粘り込む。崩れない2人に台湾ペアはたまらずミスを重ね、要所で橋本の攻撃も決まって第1ゲームを奪う。

世界卓球ハンガリー2019 トーナメント表 試合結果

その後もカットペアは躍動。スマッシュや強ドライブを打たれても、何球でも返す守備力に加えてサービスエースも連発し、連続スマッシュで相手を追い詰める場面も。

しかし第3ゲームではバック側へ決め球として強いドライブを集められ、8点まで詰め寄られるも、最後は強打で反撃し3-0に。第4ゲームもわずか2点で相手の攻撃を抑え、うれしいメダル獲得。佐藤と橋本は抱き合い、目には光るものがあふれた。

佐藤瞳/橋本帆乃香 Photo:Itaru Chiba


試合後の佐藤は「(勝利後に抱き合った)あの瞬間を目標にがんばってきたので、すごくうれしかったです。カットマンでもここまで来られることを見せられました」と喜びを語った。なお準決勝は、「みまひな」こと伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)ペアとの日本人ペア対決となる。

【世界卓球2019ハンガリー】
<女子ダブルス準々決勝>
佐藤瞳/橋本帆乃香 4-0 鄭先知/劉馨尹(台湾)
11-9/11-2/11-8/11-2

佐藤瞳/橋本帆乃香 Photo:Itaru Chiba

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード