NEWS新着情報

2019.06.01

【卓球】伊藤美誠 準々決勝進出!7色のレシーブで強敵を一蹴!次戦は女王・丁寧<中国OP>

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・プラチナ 中国オープン<5月28日~6月2日 深セン>31日の大会4日目、女子シングルスの2回戦(ベスト8決定戦)が行われ、伊藤美誠(スターツ/世界ランク7位)がフォン・ティエンウェイ(シンガポール/同12位)を下し、準々決勝進出を決めた。

第1ゲーム、好調な滑り出しを見せた伊藤は5-1とスタートダッシュをかける。伊藤のサービスにフォンは対応できず、あまくなった返球を伊藤は両ハンドでのスマッシュで得点。中盤で追いつかれるも、8-7から4本連取で第1ゲームを奪った。

第2ゲームもチキータや逆チキータでのレシーブなど積極的に先手を仕掛けていく伊藤が優勢に試合を進める。フォンとしては得意のラリー戦に持ち込みたいが、サービス&レシーブで崩され、ペースをつかめない。

続く第3ゲームは伊藤が9-5とリードするが、ここからフォンが4本連取で追いつき、そのままジュースに突入。悪い流れになりかけたが、それでも一切表情は変わらず、自身に満ちたプレーを貫けるのが"大魔王"伊藤だ。逆チキータでのレシーブエースを決め、14-12で第3ゲームも奪取。

第4ゲームも伊藤のペースで進み、最後は相手のフォアドライブレシーブを鮮やかな3球目カウンターで抜き去り、勝利を決めた。

「出足から自分らしいプレーを出すことができて、最後までそれをやり通すことができました。明日は丁寧選手なので、思い切って、自分らしいプレーをして楽しみたいです」と試合後の伊藤。

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


世界屈指の実力者のフォンをストレートで一蹴するほどに今の伊藤は強い。特にレシーブのバリエーションは世界No.1と言ってよいほど、多彩かつ切れ味が鋭い。準々決勝では世界ランク1位、女王・丁寧(中国)と対戦。大魔王の真骨頂をこの一戦で見せられるだろうか。

【ITTFワールドツアー・プラチナ 中国オープン】
<女子シングルス2回戦>
伊藤美誠 4-0 フォン・ティエンウェイ(シンガポール)
11-6/11-8/14-12/11-9

  • 1

この記事を共有する

関連ワード

最新記事