NEWS新着情報

2019.06.02

自分のプレーを貫けずに敗れた伊藤美誠「もう少し軽く考えても良かった」<中国OP>


ITTFワールドツアー・プラチナ 中国オープン<5月28日~6月2日 深セン>女子シングルス準決勝で、苦手の王曼イク(中国/世界ランク3位)に敗れた伊藤美誠(スターツ/同7位)が、試合後に敗因を語った。


伊藤美誠 コメント―

「1、2ゲーム目は、相手がすごく前半良かったけど、挽回できて10-10までいって、その時はミスは多かったんですけど、自分らしいプレーというのはできていた。(第1、2ゲームを)デュースで取られてから、何かしら変えないといけないと思って、(戦術を)変えて第3ゲームは取れたのですが、自分らしいプレーではなくなってしまっていて、そこからなかなか元に戻すことができず、最後の方は思うようにいかなくなってしまった。

デュースで取られても、自分らしいプレーをなくさず、そのままいっていれば、わからなかったかな、と。ゲームは取られたけど、デュースだったし、もう少し軽く考えても良かったかなと思います。

最近、中国選手とやると、1点1点を取るというのがすごく難しく感じる。でも練習で男子選手とやったり、試合でも強い選手とやらせてもらってる中で、すごく考えられるようになって、今回は全体的には良かったと思う。今後は点が取れない時にどうしたら良いかというのをもっと考えていけたら良いなと思います。

最近は練習からすごく考え方が変わってきて、本当に試合と同じ内容で練習ができているので、すごく充実できていますし、まだまだもっともっと上がれるチャンスはあると思いました」

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


天敵の王曼イクに敗れたとはいえ、1回戦で王芸迪、そして準々決勝で世界ランク1位の丁寧を下し、敵地で結果を残した伊藤。特にサービス、レシーブの進化が際立ち、そのバリエーションの多さ、戦術の柔軟さは中国のトップクラスが対応できないほどであった。

「自分のプレーを貫く」という今回の反省を生かし、続く香港OP(6/4〜9)、ジャパンOP(6/12〜16)ではさらなる進化を見せられるだろうか。

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード