NEWS新着情報

2019.06.02

張本智和、第1ゲームを先取も 絶対王者・馬龍超えならず ベスト4敗退<中国OP>

張本智和 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・プラチナ 中国オープン<5月28日~6月2日 深セン>大会最終日の6月2日、男子シングルス準決勝が行われ、張本智和(木下グループ/世界ランク4位)が、世界卓球男子シングルス3連覇の馬龍(中国/同5位)と対戦した。

昨年のジャパンOPの準々決勝で馬龍から初勝利を挙げている張本が、この一戦でも第1ゲームを先取。中盤で4-8と離されたが、相手の強打に対するブロックが決まり6本連取で逆転。ジュースに持ち込まれ、一進一退の攻防が続き、15-14でリードしたところで張本がタイムアウト。そして5回目となるゲームポイントを物にして、16-14で張本が第1ゲームを取った。

第2ゲームも同じくジュースにもつれ込む接戦となったが、5回のゲームポイントを生かせず、張本は14-16で落としてしまう。

第3ゲーム、少しずつペースを掴み始めた世界王者の馬龍がギアを上げていく。張本としては短くボールを送り、馬龍には強打をさせず、自分から強打を仕掛けていく作戦で得点を重ねてきたが、第3ゲームからはフォアドライブをカウンターで狙われて失点が出てしまう。第3ゲームを落とすと、続く第4ゲームも馬龍のペースで進み、攻め急ぐ張本は決めにいった強打でらしくない凡ミスが出る。

第5ゲームもクロスにフォアドライブを打たされ、それを狙い打ちする相手の戦術から抜け出せず、張本が1-4で敗退した。

【ITTFワールドツアー・プラチナ 中国オープン】
<男子シングルス準決勝>
張本智和 1-4 馬龍(中国)
16-14/14-16/7-11/8-11/7-11

張本智和 Photo:Itaru Chiba



  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事